« 対名古屋戦 | トップページ | 映画『イキガミ』:レビュー »

2008/09/29

守備的MF(ボランチ)の出来

昨日の名古屋戦とACL準々決勝のアルカディシア戦、何が違うのか考えてみました。
GK、DF、FWの先発メンバーはそのまま。問題は守備的MFがアルカディシア戦の時は細貝と暢久。名古屋戦は細貝と啓太という組み合わせの違いがありました。
アルカディシア戦の時は、細貝も暢久もいい動きをしていました。
それに対して、名古屋戦は負傷明けの啓太と、連戦の出場がたたったのか動きに少し精彩を欠く細貝。
これが名古屋に勝ち切れなった要因の1つなのかも知れません。(ただ、素人的な見方ですけどね。)
やっぱり、ボランチのその日の調子は重要だと思いました。

|

« 対名古屋戦 | トップページ | 映画『イキガミ』:レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対名古屋戦 | トップページ | 映画『イキガミ』:レビュー »