« もう | トップページ | 守備的MF(ボランチ)の出来 »

2008/09/28

対名古屋戦

名古屋1-1浦和
得点者
41分 エジミウソン
47分 巻

瑞穂競技場にオーロラビジョンができたことに驚きました。

さて試合。
前半20分までの立ち上がりは名古屋ペースでした。
シュートさえ打たれなかったものの、ボール支配は完全に名古屋に握られていました。
しかし、21分にレッズがこの試合始めてのシュートを打ってから、レッズペースになりました。
そんなレッズペースの中、前半37分高原が決定的なシュートを外して、凄くガッカリしました。が、前半41分、相馬からの低いクロスをエジミウソンが頭で合わせて0-1、レッズが先制します。
前半はこのまま終了。

後半になって、いきなりゲームが動きます。
後半2分、名古屋の右からのクロスを上げられて、巻がヘディングで合わせて、1-1の同点にされてしまいます。
その後は一進一退でしたが、どちらかというと名古屋のほうがペースを握っていたと思います。
そんなペースを挽回しようとゲルト監督は後半17分、高原に代えて永井を投入。しかし、これが不発でした。永井は結局この試合シュート0ですから・・・。
危ないシーンもチャンスもありましたが、このまま両チーム得点することなく1-1のドローで試合終了です。

まあ、負けなかった。勝点1を取れたことでもOKとしましょう。

|

« もう | トップページ | 守備的MF(ボランチ)の出来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう | トップページ | 守備的MF(ボランチ)の出来 »