« 信じる | トップページ | 一時期 »

2008/10/09

ACL準決勝:対ガンバ大阪戦ファーストレグ

大阪1-1浦和
得点者
22分 細貝
81分 遠藤

この試合、いろんなところでアップされているので、弊ブログでは雑感を覚書程度でまとめておきます。

やっぱりACLという雰囲気は、レッズというチームをリーグ戦とは別物にしてくれました。
今回、チームとして目的が「守備優先」というハッキリしていた分だけ上手く行ったのかも知れません。
この試合、高原とエジミウソンが前線から守備をしていましたし、少しでも押し込まれた展開のときはFW2人が最後尾まで下がって守備していましたから。それだけでも、リーグ戦とは違うものでした。
またPKは仕方がないと思います。相馬が相手をつかんでいたかどうかは微妙ですけど、見ようによってはつかんでいるようにも見えますからね。
同点にされたのが良くなかったのか、闘莉王を怪我した坪井に代わって、後半40分に入れました。あれはどうにかならなかったものでしょうか?できれば闘莉王は休ませてあげたかった。

しかし、セカンドレグにてこの試合好調だった相馬と細貝、リーグ戦・ACLとずっと出場している都築が累積で出場停止。
これがどのように影響してくるのか、非常に心配でもあります。

|

« 信じる | トップページ | 一時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信じる | トップページ | 一時期 »