« 映画『イーグル・アイ』レビュー | トップページ | 少し残念 »

2008/10/26

対アルビレックス新潟戦:メッセージ

新潟0-1浦和
得点者
80分 細貝

スターティングメンバーを見たときに、?マークが浮かびましたよ。
暢久がまた左サイドですか?負けたときのフォーメーションを未だに使い続けるなんて・・・。
相馬の調子はそんなに悪いのでしょうか?

さて試合。
この試合も微妙にミスが目立ちました。とくにパスミスが酷い。
前半終了間際なんて、新潟の前線からのプレスで混乱して、大ピンチを迎えました。本当に運が良かった、て感じです。
それでも良く戦っていたと思います。実際無失点で前半を抑えたのですから。

後半開始時に、レッズのゴール裏の画像が映りました。
そこにはこんな横断幕が。『浦和の男ならプレイで声援を勝ち取れ!
確かに前半から、レッズゴール裏の声は聞こえない場面が多かった原因が分かりました。
そんな中、レッズは後半、ラインを上げて、かなり攻撃的に出ていたと思います。ただ、前半同様つまらないパスミスなんかが多かった印象があります。
そんな後半20分、高原OUT達也INの選手交代。この交代、多いですよね。まるで原博実監督時代の選手交代みたい・・・。
そんなつまらないことを考えていた後半35分、エジミウソンのパスをPA内で細貝が受けて、そのまま切り替えしてシュート。これが決まって0-1、レッズが先制します。
その後は、かなり新潟に押し込まれました。大ピンチも2回くらいあったでしょうか。そこを良く耐え忍んで、タイムアップ。
本当に苦しい中、なんとか9月21日大宮戦以来のリーグ戦勝利となりました。
Photo

試合終了後、ゴール裏にはさっきとは違うメッセージが。
フロントは本当に強くなるために、真剣に必死にこのクラブに愛をもって考えよう。そう、待ったなし』という横断幕がありました。(これが全文かどうかは分かりません。なにぶん、スカパーの放送で映っただけなので)

このメッセージがフロントに届くことを願います。

|

« 映画『イーグル・アイ』レビュー | トップページ | 少し残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『イーグル・アイ』レビュー | トップページ | 少し残念 »