« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008/03/22

神戸戦試合後

試合終了後、浦和BOYSコールリーダーの角田氏が「フロントに言いたいことあるよね。
なんでこのような状況に及んでしまったのか。オジェック1人切ってOKなのか?
違うよね。人間的にどうなの?もっとやることあったんじゃないか?
俺達があと2・3試合見て、判断したかったよ。
だけど、こういう結果になって、浦和レッズには責任ないのか?あるよね。(途中聞こえず)
なあ、言いたいことがある人は残ってくれよ。言葉なんか要らない。
次は行動で、チームを変えていかないと。だって、チームは、伸二とワシントンを切って、監督取った訳でしょ。
それで、今度は監督かよ。またこんなことをしていたら、また誰かが切られるぜ。
そんなのもう、まっぴらだろ。オジェックにはみんな、限界を感じていた。それは早かった。
だけど、こういうやり方はどうなんだよ?みんな、どう思う。納得いかねーよな。
俺達が求めているチームはこんなんじゃーないはずなんだよ。なあ、そうだよな。
こんなやり方でいいのかよ、なあ。(途中聞こえず)フロント、出て来いよ。
それでさ、生の声聞かせて、ねえ、あいつらの頑張りとか要らないから、次に行動に移してもらおうよ。
また、監督、選手がクビ切られて、これで俺達が黙っているだろうと思っているんだよ。オイ、コレ、変えようぜ。
ちっとも昔から変わってねーよ。これを俺たちで変えようぜ。(途中良く聞こえず)
今日、勝っても負けても引き分けても、これをやる予定でした。今日言わないとダメだと思ったから。
それを理解してください。」
その後にあの横断幕が出てきました。(その途中から出ていたかも知れません。)
フロント、GMの無能さ、それには呆れるばかり。監督を切ってそれでOKか?今やることは勝つことだけではなく、応援したくなるプレイをチームが見せること。それを怠ればファンは離れていくぞ。ファンを馬鹿にするな。以上。
ここに集まること、それをあいつら当たり前のようになっているんだよ。俺たちはこの雨の中、喉を枯らしてやっている思いを忘れてねーか、ってことなんだよ。
そうだろ。なあ、みんなさー、雨の中塗れてさー、やっている気持ち、俺たちココしかないじゃないか。
普通だったら嫌だろ。俺だって濡れるのは嫌だよ。だけど、好きだからここでやるしかないじゃないか。
そうでしょ、みんな。(途中聞こえず)こういうの、みんなで変えましょうよ。」と角田氏。
P1010539
その後、藤口代表と中村GMが画像のように出てきたのが18:25。

そこから角田氏と、藤口代表・中村GMが話を始めました。
自分がいつもいる場所からは、彼らがどのような話をしていたのかを、よく聞く事ができなかったので、つぶさに表現することはできません。(それを期待して、このブログを閲覧しに着ていただいた方には、申し訳ございません。)
P1010540
ただ、レッズのオフィシャルを見る限りでは、こちら側が「なぜ、居座ったのか?」という気持ちは伝わったと思っています。
おおよそ19:00くらいには話し合いは終了しました。

角田氏が言ったように、自分にとっても、自分の居場所は埼スタなんです。自分もレッズが好きだから、シーズンチケットを購入し、行ける試合は行っている。

今回のことは、それを再確認させてもらういい機会になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

対ヴィッセル神戸戦:応援したいチームに

浦和0-1神戸
得点者 2分 レアンドロ
観衆 33,392人
P1010531
ウォーミングアップ前、浦和ボーイズのコールリーダー角田氏は「(最初の出だしは良く聞こえませんでした。)1人の人間切ってさ、それで終わりでいいのかよ、お前ら。違うだろ。頑張るって口だけでは言えるよな。頑張るんだったらやって見せろよ。それを見て俺達が応援するんだろ。当然だろ。そうだよな。当たり前だと思っているんだよ、俺たちの声があるってことを思っていたら、大間違いだよな。ここで頑張っている選手、押してやろうよ。いい?これ、ボイコットじゃないよね。応援したいから応援する、歌いたいから歌う、以上。やりましょうよ。新しい人もいるから、こういう形でなぜ俺達がいるのかを見せましょう。」ということを言っていました。
そして試合開始前も「頑張っている選手、押してやりましょう。ここでやることが、俺達が伝えること。ネットとかそういうことじゃないでしょ。ここで俺達が、頑張っている選手、応援したくなるプレイを見て応援する。できるでしょ?それができたら一段上がるよ。いつも通り、同じようにやっていたら意味がないんだよ。違うでしょ、気持ちがあるでしょ、俺たち。押して行きたい選手いたら、ドンドンコールしていきましょうよ。そして、勝ちましょう(途中聞こえない部分がありました。)」と角田氏。

先発に堤、梅崎、細貝が起用されました。
堤の起用は嬉しかったですね。
前半2分、ゴール裏からウォリアーが終わったくらいでしょうか、いきなりレアンドロにボレーでゴールを決められて、失点。0-1になりました。
その後は、この前の名古屋戦と比較してもかなり良くはなっていたのですが、いかんせん、攻撃時にフォローがありません。特にサイドや中盤が上がったときにボールに対してフォローが行かないんです。
そんな中でも、梅崎、相馬、細貝、永井の動きは良かったと思います。永井は中盤まで下がってボールを貰いにきていたのが良かったです。

後半、ゴールで俺たちを熱くさせろコールで後半スタート。
後半は前半よりも動きが更によくなりました。ただ、点が入りません。悲しいくらいに・・・。
スッタツ比較をしてもレッズのほうが神戸よりも倍近いシュートを打っています。
それでも点が入らないということは、ウチの攻撃がダメか、相手の守備が素晴らしいのか、の2択でしょう。
後半29分、エジミウソンに代えて高崎を投入します。やっと、エジミウソンをベンチに下げました。
後半40分、梅崎に代えてセルヒオを投入。
パワープレイも実らずに、そのままタイムアップ。
P1010536
試合自体は、最初にも書いたように良くなっていると思います。
まあ、監督を替えたからすぐに勝てるわけではないですからね。

試合終了後、北側ゴール裏に、あの横断幕が掲げられました。
「フロント・GMの無能さには呆れるばかり。(以下明日)」
3月20日は、ここからが本当の闘いだったのかもしれません。

長くなったので、18時以降のことは明日、アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/20

調子は上向き

今日の神戸戦、負けはしましたが、チーム状態は上向いていると思います。
前半よりも後半のほうがはるかに良くなっていましたしね。

これからでしょう。

今日は7時過ぎまでスタジアムにいたので、手の感覚がないので、明日しっかりまとめます。

| | コメント (0)

2008/03/19

堀之内選手のブログを読んで

昨日アップされた堀之内選手のブログを読んで、彼の真面目さが文章から読み取れました。
ともかく、アジアチャンピオンという肩書をリセットして、挑戦者としてこれからの試合に臨もうという気持ちが見えました。

明日の神戸戦、相手は調子良いので苦戦が予想されますが、選手たちには頑張って欲しいものです、気持ちをリセットして。

| | コメント (0)

2008/03/18

どう変化するか

オジェックからエンゲルスに監督が代わって、「チームの空気は良くなるのか」とか「選手交代はスムーズに行くようになるのか」とか「3-5-2から4-4-2へ移行するのか」など、いろいろ考えたわけですが、それはエンゲルスが実際に指揮を執る神戸戦で見ればよいかな、と思っております。


まあ、実績のある方ですので、それほど心配はしていないのですが、サッカーチームも生き物です。
鬼が出るか蛇が出るか、わかったものではないので、心配事はつきません。

| | コメント (0)

2008/03/17

オジェック更迭

今シーズン2試合しか消化していなくての監督更迭。
早いような気もしますが、選手の掌握をできていなかったのが、選手たちの試合後のコメントからも感じることができました。
「何がやりたのかわからない」という闘莉王や相馬のコメントにも現れていたと思います。

けど、この問題って監督と選手間だけの問題なのかな、と。
この予兆が見えていた昨シーズン終了時に、1年で契約終了でも良かったのではないでしょうか?
クラブのスタッフにも、少なからず問題があったと思います。
監督と選手が上手く行くように調整するのも、クラブスタッフの仕事だと思うんですけどね。

オジェックはいい監督だと思います。
特に基礎力がないチームには。ただ、今のレッズには合わなかったのだと思います。

そうは言っても、更迭が決まってしまい、エンゲルスが監督に昇格ということに決定した今、これ以上無様な試合をすることなく、邁進してほしいです。

なんか纏まってなくて申し訳ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

対名古屋戦:連敗

P1010515
浦和0-2名古屋
得点者 14分 ヨンセン
      68分 小川
観衆 54,482人

P1010519
いい天気でした。
まあ、前節よりは状態が良くなっているだろうと思い、スタジアム入りをしました。
名古屋の選手達がアップのためにピッチに出てきたときに、名古屋と浦和の選手を間違えて(同じ赤だからか?)北のゴール裏から拍手がおきたときに、「なんか・・・。」って思いましたよ。

試合開始前、浦和ボーイズのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。オイ、横浜の試合、見ただろお前ら。あの試合、負けさせたの俺たちだぞ。あの声なんだよ、俺たちじゃないじゃないか。みんなで声、出していこうじゃないか、なあ。やってやろうぜ、絶対勝ってやろうぜ俺たち。オイ、行こうぜ俺たち。行こうぜ、ゴール裏。行こうぜ、浦和レッズ。(大脱走に続く)」という言葉とともに試合開始。

しかし、この試合も前節よりかは良くなっているような気こそしましたが、大同小異にしか感じませんでした。
特に2TOPにはガッカリさせられっぱなしでしたね。
そんな非常にネガティブな気持ちになっていた前半14分、マギヌンからのクロスをヨンセンがヘッドで決めて0-1、名古屋が先制します。
その後もレッズは、失点こそしないものの一方的に殴られる展開に・・・。(こんなレッズを見るのは久しぶりかも)
なんとか1失点で切り抜けて前半終了。

後半開始前、「選手を元気づけるためには、ココが元気よくやらないとダメだろ」というコールリーダーの声で後半開始。
後半スタート時から、高原OUT永井INというカタチにしました。
永井が良く動いていた印象があります。多分、エジミウソンと高原の加入が永井を良い方向に刺激したのだと思います。永井が入ったため、レッズペースの試合になりました。
後半6分の啓太のシュートや、後半15分の平川のシュートは惜しかったです。
後半16分、オジェックは梅崎を投入しますが、その際交代させたのは啓太。交代させるなら、暢久かフォーメーション少しいじくってエジミウソンだろ、って思いましたよ。
その後、名古屋にペースを持っていかれました。
そんな後半23分。レッズの試合を見ていて、久々にあきれるプレイが出ました。都築が細貝にパスを出そうとしたところを名古屋の小川にパスカットされ、そのまま、浮き球でシュートを打たれて失点・・・。0-2となりました。
P1010525
正直、このプレイで試合は終わってしまいました。レッズの選手たちの足が止まっていましたから。

試合後、選手が挨拶に来るときに、阿部が深々と頭を下げていたのが印象に残っています。

このエントリーを書いている途中に、メールで情報が入り、「オジェック、監督解任」とのこと・・・。
参りましたね、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »