« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

2008/04/05

対磐田戦:ここから

磐田1-2浦和
得点者
2分  ジウシーニョ
71分  阿部
79分  闘莉王

今回もスカパーで観戦。
時間さえあれば、参戦したい試合でした。
今回は永井、暢久、細貝がベンチになり、その代わり高原、梅崎、啓太が先発でした。

今日のゴール裏はGO WESTでスタート。

最近のレッズは、試合の入り方が悪いのが、デフォルト(初期設定)なのでしょうか?
前半2分、ジュビロの駒野のクロスをジウシーニョがヘディングで決めて1-0、ジュビロが先制します。
その後も立ち上がり10分間はジュビロの時間でした、それも悲しいくらいに。右サイドが機能していないような気がしました。
その後もジュビロに好き放題、というか上手く対応されていました。特にパスが繋がらない印象でした。
高原も調子は上向いているみたいですが、まわりとあまりフィットしていない気が・・・。
ともかく、前半はいいところなく終了。

後半開始早々、相馬OUT暢久INという選手交代を行いました。
後半開始して攻めるんですが、カウンターみたいなカタチが多かったです。
その後、ゲルト監督は2枚同時に代えました。高原OUT永井IN、梅崎OUT細貝IN。
そうしたら、動きが良くなるんですね。こうなると永井が離脱したときの穴はでかいと思ってしまいますよ。タダでさえ、前日の練習は腰痛で別メニューだったのも考えると・・・。
闘莉王がボランチではなくTOP下みたいなポジションでプレーし始めた後半26分、永井からのパスを平川が受け、平川がクロス、そのクロスを闘莉王がヘディングで阿部へ。阿部が豪快に決めて1-1、同点に追いつきます。
そのままTOP下のポジションで張っていた闘莉王がやってくれました。後半34分、後半左サイドをやり始めた平川からのクロスを闘莉王がヘディングであわせて逆転、1-2とします。

残り時間はなんとか凌ぎきって、1-2。
レッズが苦手な東海AWAYを2試合連続逆転勝ちで切り抜けました。

けど、この試合ではっきりと分かった課題が2つあります。
1つ目が、今シーズンの試合、立ち上がりが非常に悪いこと。
2つ目が、永井がいないと攻撃陣が上手く機能しない。別の言い方をすれば、永井がいないと勝てない(かも)。

この2つの課題をゲルト監督には解決してほしいですね。
ともかく、ここからです。
次節鹿島戦、これ以上独走させないためにも、しっかり闘いましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

給食フェアー

日経ネットに載っていたのですが、新宿プリンスホテルで「懐かしの給食フェア 入学式ワクワク編」というのをやっているそうです。
日経ネット「懐かしメニューの給食食べ放題」。

ランチで昼しかなく、しかも予約制なので、行くことができなそうなので残念ですが、ソフト麺とか久々に食べてみたいです。

| | コメント (0)

2008/04/03

結果と再挑戦

toto BIG 外しました。
まったく当たりませんでした。10口しか買っていないので、当然かも知れませんが。

今週もtoto BIG買いました、10口。
まあ、当たらないと思いますが・・・。

| | コメント (0)

2008/04/02

対清水戦:逆転

清水1-2浦和
得点者
10分 藤本
58分 永井
70分 エジミウソン

このゲーム、啓太はベンチ入りもせずスタンドで観戦。
その代わり細貝が先発出場。

前半は清水の方が押していました。
その象徴が10分、藤本がペナルティーエリア内で阿部を股抜きしてシュートして、先制点を献上。
その後も清水が押していました。ともかく前半は守備が今後の課題であることが分かった、という感じです。
そんな中でもレッズが惜しかったのは、前半33分の闘莉王のシュートでしょうか。
結局、1-0でハーフタイム。

後半早々、暢久OUTで梅崎IN。
ここからレッズペースになったような気がします。
後半11分、闘莉王のヘディングは西部に防がれてしまいますが、後半13分に梅崎のクロスを永井が押し込んで(というか西部のミスかも)、同点に追いつきます。
後半25分、劇的なシーンが待っていました。エジミウソンがパスをもらい、清水のDFを振り切ってドリブルで持ち込んでゴール、1-2と逆転します。(このシーンを見て、凄い選手なんだと初めて認識しました。)
その後は危ないシーンもありましたが、なんとか凌ぎきってタイムアップ。

これで2連勝。リーグ戦の成績も2勝2敗の5分の星勘定になりました。
ここからです。土曜日のジュビロ、そして来週のアントラーズ、気持ちを引き締めて行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

大した事なく

今日はチョット忙しいので簡単に。


啓太の怪我、たいした事なさそうです。

あんなに早い時間に下がってしまったので心配しましたが、無事で何よりです。

| | コメント (0)

2008/03/31

対新潟戦:今シーズン初勝利

浦和3-0新潟
得点者
42分 相馬
45分 闘莉王
67分 永井
観衆 46,962人

当日抽選に参加するために、9時過ぎにはスタジアム入り。
土曜日の暖かさとは段違いの寒さにちょっとガッカリ。
それに加えて、15時前後にはしっかり雨が降ってきました。

P1010550
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「あのボンクラどもに魅せつけてやろうぜ。(Pride Of Urawaに続く)」

さて、ゲームのほうは・・・。
闘莉王がスタメンに復帰し、その代わり坪井が外れました。今のコンディションでは坪井よりも堤の方が上とゲルト監督も判断したのでしょう。

前半はレッズペース。今年一番良い立ち上がりだったと思います。
しかし前半9分に啓太が負傷退場・・・。啓太OUTで細貝IN。
啓太のケガの具合について今のところ不明ですが、そんなに長引かなければと思います。
そのころ気がついたのですが、闘莉王がセンターバックではなくボランチでプレイしていました。これには少々驚きましたよ。(まあ、試合終盤にFWになるのは見慣れていますが・・・。)

前半いいペースなのに点が取れないとまずいなー、と思い始めた42分、左から相馬がぶち抜いてシュート。これが決まって1-0、レッズが先制します。

後半開始前「オー浦和レッズ 熱いハート 赤き血のイレブン 行こうぜ浦和」のコールでゲーム再開。

後半もレッズペースで行ってくれればと思っていた、後半開始早々、エジミウソンが上手くアシストして、闘莉王が素晴らしいシュートで2-0。
後半22分、ゴール前の混戦から永井が左足で豪快に決めてくれて3-0。
今シーズン、永井が天を見上げません。永井が本当に変わったと思います。

その直後、エジミウソンOUTで梅崎IN。この交代にかなりエジミウソンは納得いってないみたいでした。
後半40分には平川OUTで岡野IN。3点差で残り5分、ゲルト監督はこの辺で勝つことを確信したのでしょうね。

その後は新潟の攻撃を防いでタイムアップ。
P1010556
リーグ戦、どころか、今シーズン初勝利となりました。
久々に声を張り上げて、“We are Diamonds.”を歌いました。


試合終了後「お疲れ様でした。勝つのは大変だね。でも、もっと勝ちたいよね。前回ココでチームに言ったけど、まだまだ、みんなで浦和レッズというものをさー、勝って勝ってもっと上に行こうぜ、俺たち。次、静岡2連戦。勝って戻ってこよう。その時の相手、分かるよね。忘れていないよね。負けられないよね。ここで倒してやろうぜ。そのためにも、次の静岡、勝ってココに戻ってこよう。いい顔しているな。じゃー、もっと歌おうか!(オー浦和レッズ 熱いハート 赤き血のイレブン 行こうぜ浦和)」その後、聞き取れませんでしたが、永井のチャントをやった後に、「次の静岡2つ、しっかり勝ちましょう。お疲れ様でした」と角田氏。

ここからがスタートです。
1つ1つ確実に勝っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/30

サクラサク

サクラサク
近所の桜が咲きました。
でも、天気は下り坂。
花も、少しはもってほしいものです。

そして、今シーズン初勝利。

明日、しっかりまとめます。

| | コメント (0)

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »