« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »

2008/04/26

対京都戦:勝つには勝ったが・・・

京都0-4浦和
得点者
57分 高原
60分 闘莉王
65分 闘莉王
75分 高原

今日のベンチ入りメンバーにユースから昇格した山田直輝選手の名前がありました。17歳だそうです。
試合開始前、TVの画面からは「熱きハート」のチャントが聞こえてきました。

さて試合。
立ち上がり、というよりも前半は完璧に近いくらいの京都ペース。
レッズはパスカットされるし、ルーズボールは拾われるし、前線からプレスされてなんだか動けないし、そもそもなんか疲れている感じがして全く走っていないし、と悪いことばかり。京都のフィニッシュの悪さに助けられた感じです。
良い場面と言ったら、前半26分の永井とエジミウソンの攻撃と、44分の永井のフリーキックからの攻めくらい。
これじゃー勝てないぞ、と思って前半終了です。

後半も立ち上がりから京都ペース。
これは失点するのも時間の問題かもと思っていた、後半9分。阿部が田原に対してチャージ。そのチャージに対して田原が報復の蹴りを阿部に入れました。この行為に、主審の松尾氏が当然のレッドカード。
これで大きく流れが変わりました。
後半12分、永井からのパスを高原がGKをかわしてシュート、これが決まって0-1。
後半15分、右サイドに流れていたエジミウソンからのクロスを闘莉王がヘディングで合わせて0-2。
後半20分、右CKを永井がキック、そのボールを闘莉王がヘディングで合わせて0-3。
このように、後半9分から後半19分の10分間に3得点をあげました。
後半23分永井OUT梅崎IN、後半27分細貝OUT内舘INと選手交代を行います。
後半30分、左CKを梅崎が入れて、高原がそれに合わせて0-4。
ここで勝利を確信したゲルト監督は、後半35分闘莉王に代えて山田直輝を投入します。
その後は、後半40分過ぎに堀之内と都築が接触して、もしやの場面がありましたが、なんとか無失点で試合を終えました。

高原のレッズでの初得点は嬉しい限りです。
ただ、勝つには勝ちましたが、田原の一発レッドがなかったから、京都が10人になっていなかったら、この試合負けていたような気がします。
それだけ、10人になる前の京都はレッズの動きを凌駕していました。

今後が非常に心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/25

啓太、大丈夫か・・・

啓太、かなり体調を崩してしまいました。

ニュースソースはスポーツニッポンの『食事も取れない…啓太復帰は5月上旬に

食事もできないと、それは復帰までに時間はかかってしまいますよね。
早く良くなってください。

| | コメント (0)

2008/04/24

まだ海外で

セルティックの中村俊輔を横浜FMに復帰させるという話があるそうです。
ニュースソースは日刊スポーツの『横浜が俊輔獲得へ社長とGM渡英』の記事。

正直、海外ことヨーロッパでまだプレイできるなら、横浜FMに復帰せずにそのままセルティックに残留したほうが良い様な気がします。

そうは言っても、他サポの意見ですから・・・。

| | コメント (0)

2008/04/23

啓太、大丈夫?

啓太の風邪、あまり良くないみたいですね。

ニュースソースは日刊スポーツの『高原調整で20分走り込み、啓太は練習欠席』の記事。

京都戦での復帰も難しそうですが、無理をして風邪をこじらせないようにして欲しいです。
それに去年からそんなに休んでいないので、無理が祟ってこのようなカタチで出てきてしまったんですかね・・・。

| | コメント (0)

2008/04/22

なんだか・・・

今年のACL、中国AWAYは過酷そうですね。
日刊スポーツの『鹿島困惑、北京国安戦「観客限定1万人」』
どうなんですかね、この措置。
オリンピック前にトラブルを避けたいのは良くわかりますが、それでも少しやりすぎのような気が・・・。

去年上海で適当にプラプラしていた人間にとって、今の中国はなんだか気軽に行けるところではなくなった感じがします。

| | コメント (0)

2008/04/21

対大宮戦:すっきりしない

浦和0-0大宮
観衆 50,997人

朝から曇り空。なんかすっきりしない天候なので、これが試合にも影響しなきゃいいなー、と思いながら試合開始を待ちました。
P1010588
試合開始前、浦和ボーイズのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。オイ、去年、一度も勝てなかったんだぞ、俺たち。今年は全部勝とうぜ、あいつらに。この街には、あいつら、いらないだろうが。浦和だけでいいんだよ。俺たちだけで十分だろうが。聞かせようぜ、俺たちの声を。でけー声で行こうぜ。(ウォリアーに続く)」
前半は相対的に良かったと思います。
まあ、それでも得点できなかったことを考えると良いとは言えませんが・・・。
特に前半39分の高原のシュートは良かったです。
4人の大宮DF陣に囲まれてもシュートに持っていきましたから。(というよりも、4人マークに付く状態ってどういうことですか?)
前半印象に残ったところは、そんな感じでした。

後半は「アレー、フォルサ浦和、俺たちと共に」で選手達を出迎えました。

後半はなんか攻め手を失っていた感じでした。
そこでゲルト監督は後半14分にFW2枚を一気に変える作戦に出ました。高原OUT梅崎IN、エジミウソンOUT達也IN。
正直、今日のエジミウソンの出来では交代で当然だと思いましたが、高原はどうも・・・。
この交代、結局そんなに功を奏したとは言えませんでした。
逆に大宮に攻められてしまいました。
そんな中でも後半42分、右からのクロスを永井がヘディングシュートしますが、クロスバー直撃・・・。
結局、そのままスコアーレスドローになりました。

P1010589

試合終了後、ゴール裏に来た選手達に対して「ゴールで俺たちを熱くさせろ」のチャントをしました。

ここ2試合引き分け続き。ゲルト監督にはなんとか打開策を見出して欲しいものです。

試合内容同様、まとまらないエントリーになってしまった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/20

印象でも、スタッツでも

今日のさいたまダービー、印象でもスタッツでも大宮のほうが上でした。
シュート数、レッズが8で、大宮が13・・・。
ボール支配率でも大宮のほうが上。

レッズは何が悪かったのかな・・・。というか、もう大宮と浦和の差がなくなってしまったのか?

少し疲れ気味なので、明日しっかりまとめます。

| | コメント (0)

« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »