« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »

2008/05/31

ナビスコ 対神戸戦:敗退

神戸2-1浦和
得点者
 4分 高原
36分 栗原
86分 栗原

今日の試合、ポンテがベンチ入りしていました。あの横浜FC戦から半年振りです。

さて試合。
出だしはどうなのかな?と思っていた前半4分、エジミウソン→達也→高原とボールが渡って、高原がシュート。
これが決まって0-1、レッズが先制します。
そこから最初の30分くらいはレッズがいい感じで攻めていました。
ただ、前半37分、神戸のCK。ドフリーにしてしまった栗原にヘディングを決められて1-1の同点にされてしまいます。

後半はレッズのほうが少し主導権を握った感じもしますが、なんとも攻めきれない印象。
そんな中、後半24分、ゲルト監督は岡野に代えて高橋を、達也に代えてポンテを投入します。
ポンテの出来ですが、まだ60%くらいの出来でしょうか。まだ万全でプレイできていない印象でした。でも、随所に見せるパスは良かったと思います。今後の復調に期待したいです。
ポンテが入ったからといって。劇的に試合は変化することはなく、徐々に神戸が主導権を握る印象がついてきます。
そんな後半41分、神戸に左サイドを突破され、そこから栗原にクロス。栗原にマークについていた内舘が振り切られ、失点。なんとも、あぁー、やられちゃったよ、という失点でした。これで2-1。

結局、試合はこのまま終わってしまいました。この結果、レッズはナビスコカップの決勝トーナメントには進出できませんでした。
良かった探しは、後日にでもゆっくりやるかも知れませんし、しないかも知れません。

負け惜しみを言えば、これでリーグ戦とACLに集中できるってことです。

| | コメント (1)

2008/05/30

復活

ロビーがやっと戻ってきそうです。
ニュースソースはスポーツニッポンの『浦和救う!ポンテが31日復帰へ』の記事。
神戸への遠征に帯同が決定したようです。
フルタイムの出場は望んでいませんが、少しでも長くピッチにいてほしいです。
また、6月下旬のリーグ戦再開時には、万全の体調で出場することを大いに期待しています。

| | コメント (0)

2008/05/29

25万円以下

9月の第3週、クウェートに遠征に行こうかと思っています。
予算は25万円以下で。
去年の中東AWAYツアーをみると、このくらいの予算があれば大丈夫みたい。
ただ、どこのサイトでもツアー募集は、まだみたいらしく・・・。

その前に、休みの確保が第一条件かも。

| | コメント (0)

2008/05/28

いくら代表でも

昨日のキリンカップ、またまた適当に見ていました。
気になったのは阿部が足を引きずって、交代したことかな?
あとは、TBSが俊輔、俊輔って連呼していたことくらいでしょうか。

試合以外に気になったのは、スタンドの空席の多さ。
この試合の有料入場数が27,998人とのこと。
やはり火曜日という平日であること、入場料金が普通のJリーグの試合と比較しても高い、埼スタという国立に比べるとアクセスが悪い、という3条件があるのかも知れません。
せめて平日にゲームを開催するのなら、国立でやるとか、料金を安くするとかの好条件をつけないと、いくら代表でもお客は呼べないような気がします。
それとも平日にやるなら、いっその事、Jリーグとかの試合が少ない地方での開催とかにしてしまうとかのことを考えた方が良いのではないでしょうか?

| | コメント (0)

2008/05/27

ランボー 最後の戦場:レビュー

『ランボー 最後の戦場』を見に行ってきました。
『ランボー3 怒りのアフガン』を見たのが高校生のときですから、かなりの時間が経ってからの続編。

今回も映画の内容自体はそれほどなく、人がいっぱい殺される映画という印象でした。
しかし、20年くらい前の映画と比べると、人の殺され方が妙にリアルでR-15の理由が良くわかりました。

レイトショーの1200円なら、高くはないと思いました。

| | コメント (0)

2008/05/26

ナビスコ4節:対名古屋戦

名古屋4-2浦和
得点者
6分 小川
14分 杉本
32分 達也
42分 巻
56分 内舘
88分 津田

CSフジの739の生中継だったら、もう少しテンション高くこのエントリーも書くこともできるのでしょうが、いかんせん録画だとどうしてもテンションが下がってしまいます。

この試合、ゴール裏は大脱走でスタートしていました。
さて試合。
開始早々、前半6分、いきなり失点しました、小川がノーマーク気味でしたね。これで1-0。
前半14分、DF陣が崩壊したかのような、というよりも坪井のマークが甘かったところからの失点で2-0、と立ち上がり15分でいきなりのビハインドです。
その後、それなりの攻撃の形ができてきました。
前半32分、達也が左足で決めて2-1とします。が前半43分、巻に綺麗なボレーを決められて3-1となってしまいます。
ともかく、失点したシーンにおいて、名古屋の選手をフリーにしていたのが気になりました。
これで前半終了。

後半開始時に岡野を下げて、高橋を投入します。まあ、岡野が90分持つとは思っていませんから、当然といえば当然の策ですね。
後半9分、達也のポストに嫌われるシュートがありましたが、この頃から、達也の調子が悪くなっていたと思います。やはりあの05年の怪我は尋常なものではなかった、ということなのでしょうか?
そんなことを思っていた後半11分、永井のメイン側からのCK、これをウッチーが決めて3-2、1点差とします。
後半17分、達也OUT原口元気IN。原口選手TOP初試合になりました。
動きは硬くなっているような気がしましたが、17歳です。これからを期待したいと思います。
後半30分、永井OUT西澤IN。
正直このあたりから、『半分試合を諦めたのかな、ゲルト監督は・・・?』と少し思いました。
そんなことを思っていた後半43分、津田にダメ押しのゴールを決められて、4-2。
これで試合終了です。

これでナビスコの決勝トーナメントに進むのは、かなり難しくなったような気がします。
ただ、これからも出場機会の少ない選手にとっては貴重な公式戦になるかと思われます。なので、一生懸命プレイして欲しいと思います。

中村GMがどこかの雑誌で「新外国人の補強はいらない」とか一時期言っていたみたいですが、そんなことは言っていられる状況ではなくなったような気がします。
代表に招集されているメンバーがケガなどで長期離脱になると、今回のメンバーだと正直不安ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

あれ・・・

今日、CSフジ739で生中継だと思っていたんですが、違うんですね。
少しガッカリです。
まあ、録画中継が始まる23:50(ってかなり遅い時間だな・・・)まで、起きているか、録画して対応します。
しかし、スカパー、返金とかしてくれるみたいだけど、申告しないと返金しない、という姿勢は良くないと思われます。

| | コメント (0)

« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »