« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »

2008/08/30

ターンオーバーだって

本日のスポニチの記事にこんなモノが。
浦和 ターンオーバー制で今年こそ2冠獲り

ゲルト監督、エジミウソンにあれだけ固執していた方が、そんなターンオーバーなんてできるんですか?
少しどころか、かなり疑問ですよ。
でも、もう信じるしかないのかな・・・?

| | コメント (0)

2008/08/29

どーでも良い話ですが

どうでも良い話をひとつ。

昨日、ブログを更新しようとしてパソコンをいじっていたのですが、雷雨の影響で停電しました・・・。
停電といっても5秒程度だったのですが、ブログの記事も半分くらい書き上げていての停電処置には正直、凹みました。
けれども、最近の天候は本当におかしいですよね。
晴れないとイロイロと大変なことが起きそうな予感がします。

| | コメント (0)

2008/08/28

言われなくても

昨日の試合で、相手チームの偉い人からこんなこと言われちゃいました。
ニュースソースはサンスポの『浦和、暫定3位転落…奪首からわずか4日』の記事のこの部分。

東京Vのラモス常務取締役には「あのサッカーで首位では日本のサッカーは情けない」と言われる始末。自軍の34歳のDF服部の運動量と比較して「浦和の選手は恥ずかしくないのか」とバッサリ斬られた。

こんなことは言われなくても分かってますよね、レッズの首脳陣は。いつも見に行っている人が分かるんだから。レッズの首脳陣もプロなのだから、よく分かっていると思います。
でも、本当にウチは運動量が少ないです。困ったものです・・・。

| | コメント (0)

2008/08/27

どう考えるべきか

今回は時間が無いため、ダイジェストを見た感想しか書けません。(後日、覚書としてアップします)

あの後半ロスタイムに何とか同点という展開を考えると、負けなくて良かった、という印象が強い試合になってしまいます。

今シーズンは最終節まで縺れて、どこが優勝するか分からない展開になりそうですね。

| | コメント (0)

2008/08/26

この分だと

仕事の兼ね合いで、明日は参戦できそうもありません。

参戦される方、しっかりサポートお願いいたします。

| | コメント (0)

2008/08/25

代表選出

9月6日、とうとうワールドカップアジア最終予選がスタートします。
そのメンバーが本日発表されました。
メンバーはココでも参照してください。
日本時間では、日曜日の3:30キックオフ。まあ、現地で非常に暑い中、試合をやらなくて済む事を考えると、この時間は妥当だと思います。
ともかく、勝点を取ることが大切ですね。

| | コメント (0)

2008/08/24

対ジュビロ磐田戦:もっと上を

浦和3-1磐田
得点者
42分 カレン・ロバート
44分 ポンテ
57分 平川
89分 高原
観衆 45,253人

P1010689
この日は、午後から雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。そのためか観衆が5万人突破しませんでした。
試合開始前、浦和ボーイズのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。なあ、ここで勝ちたいよな。勝ちてーよな。勝点3取ろうぜ。行くぞ。(アレアレアレア、浦和に続く)」で試合開始。

前半はジュビロペースで試合が進みます。それでも決定打を打たれなかったのが幸いしたのでしょうか?
そんな中、ポンテがまだ完全復調していないのが良く分かりました。確かに、要所要所では決定的な仕事はしてくれるのですが、いかんせん、足が止まっているシーンが多い、言い換えれば走れない状態なのかもしれません。
そんな印象を受けながら見ていた前半42分、相手右サイドからクロスが上がって、これをカレン・ロバートが決めて0-1、ジュビロが先制します。
まずいなー、と思っていた前半44分、達也が強引にシュート、これを能活がはじいたところをポンテが決めて1-1の同点に。
前半、タイスコアーに持ち込んで、ハーフタイムに。

後半開始前、北側ゴール裏は浦和レッズコールで、選手達を出迎えました。
後半は、ジュビロの運動量が少し落ちたような気がしました。
そんな風に感じていた後半12分、細貝からのパスを右サイドを駆け上がってきた平川が豪快に決めて2-1と逆転します。
その後の選手交代が、またゲルト監督の味と言いますか、なんと言いますか、あんまりフィット感の無い選手交代でした。
後半24分、達也OUTで暢久IN、これでレッズは1TOPのカタチなの?俺ならセルかエジに交代かな?(このブログ読んだ人に、ウイレレでもやってろ!って言われそう・・・。)
後半33分、啓太が負傷OUTで堤IN、堤はどこで使うの?暢久と堤をボランチで使うとは・・・。
そんな感じで完全に1点を守る体制になりました。
極めつけは後半37分、最初高原OUTの予定だったのかどうなのか分かりませんが、高原が下がろうとしたときに土田コーチが第4審判団のところに行って、ポンテOUTに変更。そしてポンテOUTのエジミウソンINのカタチになりました。
最近、こういうのがやけに最近多い感じがして、気になります。
結果、高原をここで変えなくて良かった、ということになりました。
後半ロスタイム、カウンターとなり、エジミウソンが高原にパス、これを高原がPA内で切り替えしてシュート、これが駄目押し点となり3-1に。
P1010695
これでタイムアップとなりました。

試合終了後、「勝どきあげようよ。これから9月、ACL・リーグ、続くから。でかい声で歌ってやろうぜ。(We are Diamonds.を歌う)これで満足しないで、もっともっと俺たち、エンジンのかかり悪いよね、前半の。課題イッパイあるけど、もっと俺たちの声で盛り上げてやろうぜ。(ここで角田氏が噛む)要はもっともっと上がって行きましょう。水曜日、国立でしっかり勝点3取って、また歌いましょう、この歌を。元気ですか。元気があれば何でもできる。オリンピックも終わったことだし、浦和レッズ頑張っていきましょう。(浦和レッズコールに続く)また水曜日、会いましょう。風邪ひかないように。」と角田氏。

今シーズンも3分の2が終了してしまい、内容ウンヌンを求めてはいけない時期に来てしまった感じがします。
勝つことも大切ですが、なんかもっともっとワクワク感のある試合を選手・スタッフの方には見せてほしいです。宜しく御願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »