« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008/09/13

やり場のない

本日の試合、現地で見て思ったのが「負けなくて良かった」ってことです。
前半こそ良く動いていた印象がありますが、後半は徐々に大分ペースに。
本日、負けなくて済んだのは、南側のゴールポストのおかげです。感謝しています。
なんかやり場のない虚無感をどうにかしたい。

明日、少しやる気を出して、まとめます。

| | コメント (0)

2008/09/12

明日

自分的には、今週も心が折れそうなことが結構ありました。
それでも気分を変えて、明日は埼スタに向かいます。
もちろん、勝点3を求めて・・・。

| | コメント (0)

2008/09/11

それでも

日刊スポーツの記事、『浦和がACL用の背番号を発表、8番原口』。
ゲルト監督が言うように、『大きな意味はない』かも知れませんが、それでも1桁の8番を与えられたことは非常に名誉なことだと思いますよ。
その前に、ベンチ入りすること自体が難しいかも知れないけど、頑張ってほしいものです。

| | コメント (0)

2008/09/10

不安材料

こういう記事を見てしまうと、不安になってしまいます。
日刊スポーツの『浦和の代表勢お疲れ…闘莉王「ボロボロ」』の記事。
その記事の中に

エンゲルス監督も「代表3選手の様子を見ていきたい」と早期の疲労回復を願っていた。

という一文が・・・。

このように言っても、結局達也以外は先発で使いそうな感じがします。

まあ、そんなに疲労も無い感じでやってくれれば良いんですけどね。

| | コメント (0)

2008/09/09

気になる記事

昨日のエルゴラに気になる記事があったので紹介します。
5ページ目の宇都宮徹壱さんの『“われわれの代表”を取り戻すために』という記事です。

そこに『代表人気がこのまま低下すれば、それは間違いなく貴方のサッカーライフを直撃するからだ。』という一文。

これに対しては、全くもって同意します。

確かにレッズを軸においている自分にとっては、レッズがメインであり、代表はサブ的な位置付けです。
ただし、一般人(特に確実に年齢の高い上司など)は代表を中心に見る傾向が強く、その一般人に有給を取得してサッカーを見に行きやすくするためにも、サッカーへの理解度が必要。そうなると、代表への認知度がある、または代表の人気があるということです。そのためにも代表チームには、ワールドカップ本戦には確実に出られるレベルでないとまずいと思います。

翻って、今の自分に何ができるのかというと、最低限はTVの生放送を見届けることであり、もし時間があえばスタジアムに行くことなんでしょうね、多分。

なんか纏まっていませんが、一般人のサッカーへの理解度を向上させるためにも、代表にも関心を示さないといけないのかもしれません。

| | コメント (0)

2008/09/08

本日のエルゴラ

得点をあげて、なおかつ自分の仕事(役割)を確実にした遠藤が7点と高い評価。
同じく得点した俊輔と憲剛が6.5と高い評価を得ていました。

それはともかく、監督采配で選手交代の意図が良く分からなかった、と各解説陣が言っていたのは印象に残りました。
特に佐藤寿人と今野の役割には疑問を投げかけていましたね。

今後、この2失点がいい教訓になればと思います。

| | コメント (0)

2008/09/07

最終予選第1戦:対バーレーン戦

後半0-3にしたのは上出来です。
AWAYでしかも酷暑の中での3点リード、たいしたものです。3点目は、中村憲剛のシュートが相手DFに当たってゴールしたとはいえ、流れの中からの得点でしたから。
問題は、その後。
正直、1失点目は仕方が無いとは思います。ただ、2失点目、あれは闘莉王とGKの楢崎の連携ミスですから・・・。
なんか自分で自分の首を絞めるようなマネをして、最後に浮き足立ってしまった試合だと思います。

そうは言っても、結果が全てのアジア最終予選。勝点3をAWAYの地で奪取してきたことは高く評価します。

| | コメント (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »