« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »

2008/10/04

出なければ良いけど

明日はフクアリで千葉戦です。
千葉は今、ミラー監督に交代して降格圏から脱出してきています。
そんなチームと今回対戦するレッズ。
監督の違いが出なければ良いのですが・・・。

| | コメント (0)

2008/10/02

笑う犬2008

先日、久々にやっていた笑う犬2008を見ました。
いやー、懐かしかった。
特にアナウンサー学院が。あのホリケンワールド全開のコントが見れたのは嬉しかったです。

DVD買っちゃうかも・・・。

| | コメント (0)

2008/10/01

対京都戦:勝てない

浦和2-2京都
26分 中谷
40分 エジミウソン
42分 高原
49分 柳沢

この試合、地上波(テレ玉)でも放映していたので、詳細に触れるのはやめましょう。
ともかく「勝てなかった」という一言で片付けられる試合です。

後半残り7分で闘莉王投入。これは結果的には点が入らずに終わってしまったので、良いものとは言えなくもないですが、これで2回チャンスがあったのは事実。これは評価したいと思います。
問題は2つあって、1つ目がポンテから永井の交代かな?久しぶりに永井が上を向く姿を見てしまいました。梅崎はそんなに状態が良くないのでしょうか?良く分かりませんが・・・。
問題の2つ目、後半立ち上がりに同点に追いつかれてしまったことでしょうか。これは正直痛かった気がします。

それと、あのピッチ状態を見ると、もう駒場開催はやめた方が良いのかも。

| | コメント (0)

2008/09/30

映画『イキガミ』:レビュー

原作はサクっとしか読んでいないので、良く分からずに映画を見ました。
感想は「良くこういう設定を考えたものだ」ということでしょうか。
国家が法律によって合法的に人を殺すことができる、悪法も法なり、という言葉を思い出しました。

まあ、年齢的には過ぎてしまったので関係ないのですが、「今の状態でイキガミが来たら・・・。」なんてことを考えてしまいました。

| | コメント (0)

2008/09/29

守備的MF(ボランチ)の出来

昨日の名古屋戦とACL準々決勝のアルカディシア戦、何が違うのか考えてみました。
GK、DF、FWの先発メンバーはそのまま。問題は守備的MFがアルカディシア戦の時は細貝と暢久。名古屋戦は細貝と啓太という組み合わせの違いがありました。
アルカディシア戦の時は、細貝も暢久もいい動きをしていました。
それに対して、名古屋戦は負傷明けの啓太と、連戦の出場がたたったのか動きに少し精彩を欠く細貝。
これが名古屋に勝ち切れなった要因の1つなのかも知れません。(ただ、素人的な見方ですけどね。)
やっぱり、ボランチのその日の調子は重要だと思いました。

| | コメント (0)

2008/09/28

対名古屋戦

名古屋1-1浦和
得点者
41分 エジミウソン
47分 巻

瑞穂競技場にオーロラビジョンができたことに驚きました。

さて試合。
前半20分までの立ち上がりは名古屋ペースでした。
シュートさえ打たれなかったものの、ボール支配は完全に名古屋に握られていました。
しかし、21分にレッズがこの試合始めてのシュートを打ってから、レッズペースになりました。
そんなレッズペースの中、前半37分高原が決定的なシュートを外して、凄くガッカリしました。が、前半41分、相馬からの低いクロスをエジミウソンが頭で合わせて0-1、レッズが先制します。
前半はこのまま終了。

後半になって、いきなりゲームが動きます。
後半2分、名古屋の右からのクロスを上げられて、巻がヘディングで合わせて、1-1の同点にされてしまいます。
その後は一進一退でしたが、どちらかというと名古屋のほうがペースを握っていたと思います。
そんなペースを挽回しようとゲルト監督は後半17分、高原に代えて永井を投入。しかし、これが不発でした。永井は結局この試合シュート0ですから・・・。
危ないシーンもチャンスもありましたが、このまま両チーム得点することなく1-1のドローで試合終了です。

まあ、負けなかった。勝点1を取れたことでもOKとしましょう。

| | コメント (0)

« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »