« 勝点3 | トップページ | 貢献度大 »

2009/03/29

ナビスコ杯対横浜戦:辛勝

横浜0-1浦和
得点者
40分 ポンテ

今回は、諸般の事情により、スカパーにてTV観戦でした。

今日の試合、全体を通して、マリノスに押されていました。それでもなんとか勝ったこと自体は、非常に評価したいと思います。

前半の立ち上がり10分くらいは、ものの見事にマリノスペース。この時間だけで2回のピンチがありました。
その後、徐々に一進一退の攻防になってきました。それでもレッズのミスは目立ちました。特に前半26分の山岸からのボールを暢久が簡単に捌けずにそのままタッチラインに出してしまう凡ミス・・・。あれはない、と思いましたよ。
そんな中、前半40分、原口が相手GKの榎本と接触し、PKを獲得。最初、原口が蹴るのかと思いましたが、キッカーはポンテ。ポンテがPKを決めて0-1、レッズが先制します。
前半は、そのままで終了。

後半目立ったところは2つ。
1点目は、フィンケ監督は若手をドンドン起用したところでしょう。ポンテに代えて西澤、原口に代えてエクスデロ(これはそんなことでもないけど)、直輝に代えて浜田を投入しました。やはりナビスコは若手を使ってこその大会なのかもしれません。
2点目は、後半30分過ぎからのマリノスの猛攻。そしてそれを見事に防ぎきった山岸の活躍でした。今日の山岸は結構神がかり的なセーブが多かったです。

ともかくPKの1点を守りきって辛勝。主力が代表に持っていかれても(そんな中、阿部勇樹はフル出場しましたが)、結果を残してくれたことに感謝します。

|

« 勝点3 | トップページ | 貢献度大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝点3 | トップページ | 貢献度大 »