« 修正が多いけど | トップページ | 大混戦 »

2009/10/04

対JEF千葉戦:積み上げ

浦和3-1千葉
得点者
7分 深井
10分 阿部
78分 エジミウソン
85分 高橋
観衆 38,684人

P1020025
試合開始前浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。なあ、もうホームで負けられないよな、オイ。マリノス戦、俺たち、声出てなかったよね。ゴール裏、固まって声だそうよ。なあ、あいつら、リーグ残留がかかってるらしいけど、俺たちの声で勝ってやろうぜ。なあ、俺たちの声で、千葉の息の根、止めてやろうぜ。(行こうぜ、ラララララ、浦和レッズに続く)」(少し違うかもしれません)で試合開始。

前半7分、いきなりレッズは先制を許してしまいます。
梅崎がパスミスをして、インターセプトからのカウンターを食らってしまい、深井にゴールを許してしまいます。梅崎がそのプレイ後、山岸に宥められていたのが印象的でした。
いつもなら、ここから気まずい時間が長々と過ごすのですが、この試合は違いました。
試合再開後、阿部がFKをもらうチャージ受け、そこから直接FKを蹴って同点にしました。
その後、巻のヘディングシュートにヒヤっとしましたが、ピンチらしいピンチはそれくらいで前半終了しました。

後半開始前、角田氏は「この前半、頑張っている選手いたから。分かるかな、24番。コールしてやろうぜ。(原口コールに続く)」で後半開始。
ハーフタイム時に、フィンケ監督は梅崎に替えて達也を投入しました。流石に失点につながったミスの後、シュートを積極的に放ったりしていた梅崎。それでも出来があまりよくなかったのでしょう。
後半はレッズペースで試合は展開されますが、なかなかゴールは奪えません。これは良くて引き分け、もしかしたら・・・、って感じでした。
そんな雰囲気を脱したいのでしょう、フィンケ監督は後半31分に啓太に替えて高原を投入。その高原、交代直後にGKと1対1になりましたが、見事に外してくれました・・・。
後半33分、ポンテのFKから闘莉王がポストプレイ(みたいな感じ)をしエジミウソンが決めて2-1。レッズが勝ち越します。
このままだったら、勝っただけの試合になってしまったかもしれませんが、後半40分、高橋峻希が右サイドを駆け上がってシュートを放ち、それが決まって3-1。
これで勝負有りになりました。
P1020027
試合終了後、We Are Diamonds.を歌い終わった後に「お疲れ様でした。いいサッカーで、いい動きして、いい勝ち方したいけど、なかなか上手く行かないよ。でも残りのホームの試合、全て勝って今シーズン、終えたいよね。まだまだ俺たちやることがあると思うから、でっかい声でゴール裏から後押しして行きましょう。次、天皇杯松本、。(今日新しくやった)阿部のコール、(代表参加でいないので)家で練習。そのあと新潟に勝って、ここに戻ってきましょう。お疲れ様でした」と角田氏。
P1020030

あと残り6節。
今シーズンはパスサッカーの確立を目指してきましたが、正直どこまで完成させているのか、どこまで積み上げているのか、自分には良くわからない部分があります。
ただ、チームスタッフも選手も、自分なんかよりはサッカーのプロなのですから、目指しているものへ早く到達してもらえたら、と思っております。

|

« 修正が多いけど | トップページ | 大混戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/46383481

この記事へのトラックバック一覧です: 対JEF千葉戦:積み上げ:

« 修正が多いけど | トップページ | 大混戦 »