« 今年の本 | トップページ | 御礼 »

2009/12/30

09年総括(というよりも思いついたことを)

今シーズンレッズは基礎造りの年だと思っていました。
そう思って始まったシーズンでした。開幕戦で0-2と鹿島に完敗しても、08年の最終戦と比較したら、今シーズン後半には期待できるないようだったので、納得できました。
7月11日、リーグ戦の17節前半戦までは、非常に上手く行っていたと思います。
ただそこからの夏場の公式戦8連敗はいただけなかったです。やはり、夏場にレッズが目指している「人もボールも動くパスサッカー」は大変だったのでしょう。実際、相手にも研究されて勝てなかったですからね。
連敗が終わったその後、少しは持ち直すかと思ったのですが、10月11日の対松本山雅FC戦での敗戦は、正直ガッカリしました。
ボールポゼッションはできるけど、ゴールが決まらない、攻撃の決め手がない、カウンターに非常に弱い。それに運動量が落ちる後半が危ない。これが結局、シーズンを通して解決できなかった、と思います。
最終節、開幕時には0-2で負けてしまった鹿島に対して、最終節ではあと一歩及ばすの0-1での敗戦。いい感じに成長してきたとは思いますが、試合に勝つことが出来なかったシーズンでした。

さて、来シーズン。
闘莉王が抜けてしまい、かなりDF陣(特にCB)に不安を覚えます。10年は何らかのタイトル、リーグでの優勝争いは必須だと思っています。そのために必要なことを、フロントや監督・スタッフにはやってほしいです。

|

« 今年の本 | トップページ | 御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の本 | トップページ | 御礼 »