« 差 | トップページ | これを見ると »

2009/12/06

対鹿島戦:09年最終戦

浦和0-1鹿島
得点者 
66分 興梠
観衆 53,783人

午前中はなんとか曇り空ですんだのですが、ゲーム開始時間が近づくにつれて雨が本降りとなってしまいました。
P1020155
試合開始前、好きにならずにいられないをやった後に、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。鹿島を倒そうぜ。(途中聞こえず)いい雨が降ってきたじゃねーか。俺たち、行くぞ。(ウォーリアーに続く)」で試合開始。

全国ネットのTV中継があったので、試合は雑感程度に触れるだけで・・・。

ゲームの出だしは良く動いていましたし、それに伴いゲームの主導権を握れていたと思います。ただ、残念なのはボールポゼッションが出来ていても、得点が出来なかったことでしょうか。
前半の終了までの間は鹿島に押されてしまいました。山岸が良いセーブを連発していました。
特に野沢の無回転シュートを防いだときは、感心してしまいました。

後半開始前、他会場の途中経過が発表され、川崎が3-0とリードの情報が入ってゴール裏から歓声が沸きました。その後角田氏は「他のゲームとか、川崎とか関係ないから。俺たちは勝つんだよ。そうだろ、オイ。(We are We are We are Reds.のチャントに続く)」で後半開始。
後半は徐々に鹿島ペースになってしまいました。やはり運動量が落ちてしまったのでしょうね。
後半21分に興梠にヘディングを決められて0-1に。
そこからフィンケ監督はポンテ、高原、セルヒオを投入しますが、なんか空回り気味に。得点の匂いは闘莉王が上がったときですから。
後は今シーズン、幾度となく見せられてきた試合内容で終了。
P1020156
それでも、昨年の最終節や今年の開幕戦と比較したら(比較対象があまりにもお粗末、という突っ込みは入れないでください)、進歩しています。ただ、得点するということとカウンターへの対処という2つの大きな課題が残ったと思います。

まあ、今シーズンの総括は年末までにまとめます。

|

« 差 | トップページ | これを見ると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/46949751

この記事へのトラックバック一覧です: 対鹿島戦:09年最終戦:

« 差 | トップページ | これを見ると »