« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »

2009/11/28

対京都戦:獲らぬ狸

京都1-0浦和
得点者
71分 中山

前半はレッズペースでした。
その間に得点を取れなかったのが敗因でしょう。実際シュートチャンスはレッズのほうが多かった。でもなんかゴールできる気がしなかったです。
後半はどちらかと言うと京都ペース。その流れをレッズに引き戻そうと、啓太に代えて直輝を投入。しかし、試合ペースはあまり動きませんでした。その京都ペースの後半26分に、中山にヘディングを決められて、1-0と先制されます。
その後は、ポンテ・高原の2枚をセルヒオと原口を投入して、攻撃陣を厚くしますが上手く行かずに、そのままタイムアップ。

TV観戦で申し訳ないのですが、なんかチームの気持ちがあんまり伝わってこなかったです。
基本的に取らぬ狸の皮算用をやってしまうと、こういう結末が待っているんですね・・・。

これから鹿島対ガンバの試合をVTRで見ます。

| | コメント (0)

2009/11/26

85歳コンビ

この2TOPがまた見られるとは思いませんでした。
スポニチ『ゴン、横浜FC決定的!カズと85歳2トップ』の記事。
2人のピークってやっぱり97年とか98年くらいですよね。
カズが魂をおいてきた、ゴンがゴールを決めたフランス大会から、もう12年経過します。
時の経つのは早いもので・・・。

| | コメント (0)

2009/11/25

優勝を狙えるチーム

闘莉王に言わせると、レッズは優勝が狙えないチームなのでしょうか。
日刊スポーツ『闘莉王、移籍条件は「V狙えるクラブ」
これは12月5日以降を睨んだ言動なんでしょう。
その中の選択肢で国内移籍もありですよ、って事でしょうか?

ただ正式発表がまだなので、そんなに騒ぐことはないかもしれませんが・・・。

| | コメント (0)

2009/11/24

世の中の動きは早い

いやー、正直驚きました。
流石ですよ。タイムリーに動くというか、旬なものは早めに、と言うことでしょうか。
サンスポの記事『酒井法子被告覚せい剤事件、来年1月映画化
来年の1月には公開ですからね。世の中、スピードの時代です。

| | コメント (0)

2009/11/23

残り2節

J1リーグもあと残り2節。
優勝争いは鹿島、川崎、ガンバ大阪の3チームに絞られました。
やっぱり勝点60の鹿島が有利なんでしょうね。ただ、鹿島は次節、ガンバとの直接対決を残しているから、ここでどうなるかがポイントでしょう。
残留争いでも、柏と大宮の勝点差が4。次節、柏と大宮が野田線ダービーとか言って直接対決。
それでも柏が苦しいのは変わらないとは思います。

そんな中、レッズはACL出場圏も微妙な情勢。このまま2連勝して4位でフィニッシュして、ガンバが2連敗すれば出場。ただしその可能性は低そうなので、上位3チームのどこかが天皇杯優勝をしてもらうしかないのかな・・・。
まあ、他力本願です。

| | コメント (0)

2009/11/22

対ジュビロ磐田戦:つなげるために

浦和3-2磐田
得点者
21分 エジミウソン
55分 前田
59分 前田
82分 エジミウソン
89分 エジミウソン
観衆 43,619人

P1020141
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「この前はいい雰囲気で出来たよね。ここで味スタ以上の声、雰囲気を作って行こうぜ。今、チーム状況が悪いけど、俺たちの声で変えていくしかないだろうが。そろそろ行こうか。(大脱走に続く)」で試合開始。

試合はテレ玉でTV中継があったので、簡単にしか触れません。
レッズは前半押していました。というよりもジュビロに元気がなかった、と言う感じです。
そんな中、前半21分、高原の左からのクロスをエジミウソンがアタマで合わせてレッズが1-0とリードします。
しかし、その後得点が奪えず、前半終了。

後半開始前、角田氏は「もう1点、もう1点、獲ろうぜ。(Get Goal 浦和レッズに続く)」で後半開始。

後半10分と14分に前田に得点を許してしまいます。この時間帯だけでした、ジュビロペースになったのは。

ここで目が覚めたのか、レッズが大攻勢を仕掛けてきます。
後半21分細貝に代えて暢久、後半27分啓太に代えてセルヒオを投入します。
そこから怒涛に攻めますが、シュートが外れたり、GKにセーブされて得点が奪えませんでした。
そんな後半37分、エジミウソンが混戦からゴールを奪い、同点に。
そしてそして、後半ロスタイム3分台にレッズがジュビロPA近くでFKを獲得。
そこからこぼれ球をエジミウソンが決めて劇的な3-2に・・・。
P1020142
良く勝ったと思いました。今シーズンの10月までなら、1-2の時点でレッズが同点にできずに終わっていたでしょう。

「あと2試合。この残り2試合西京極、そして埼スタでいい試合をして、来年に繋げていきましょう。ACL出場とか関係なく、いい内容、いい試合を求めていきましょう。お疲れ様でした。」と角田氏。
P1020146

今回は、勝ちたい気持ちが良く見えた試合でした。また、エンターテイメントとしては良かったと思います。
選手がともかく動いていた、という印象です。

正直に言います。
今のレッズの試合を知り合いに「楽しいから見に来て」とはまだ言えません。
でも来シーズンには言えそうな気がします。昨年の今頃と比較したら、良くなっているし、進化する可能性が十分に伺える気がした試合を見せてくれたから。

| | コメント (0)

« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »