« 相変わらず | トップページ | ジャスティスとレッズ »

2010/04/25

対磐田戦:悪しき伝統

浦和0-1磐田
得点者
55分 西
観衆 37,116人

P1020206
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。いいねー、この調子で90分行きましょう。このくらい響くでかい声で、でかい声で川崎戦以上に気持ちを入れて闘いましょう。このくらい、デッカイ声で行きましょう。(カモン浦和レッズに続く)」で試合開始。

試合内容については簡単に。

「良い試合をした次の試合は必ず苦戦する。」レッズ18年の悪い伝統を継承する試合でした。
ボールポゼッションはするけれど、シュートまでには至らない。スタッツを見ても、シュート数はジュビロの方が多かったくらいですから。
後半10分に西にゴールを決められてからは、ジュビロは完全に引いて守ってきました。まあ、ゴールを奪えそうなときにゴールが奪えないと苦戦する、と言う当たり前の展開でしたね。
まあ、レッズもそれなりにシュートは打っていましたが、残念ながら得点できませんでした。
試合を通して2回ほど、エジのシュートがバーやらポストに当たったのが惜しかった感じかな・・・。

P1020213
この試合終了後、選手がスタジアムのあいさつ回りをしている間に、フィンケ監督が腕組みしたまま、ベンチ前にいたのが印象的でした。

次節は今シーズン無敗の清水とエコパで対戦。どうにか勝ちたいですね。

|

« 相変わらず | トップページ | ジャスティスとレッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/48176844

この記事へのトラックバック一覧です: 対磐田戦:悪しき伝統:

« 相変わらず | トップページ | ジャスティスとレッズ »