« 勝つこと | トップページ | 危機感 »

2010/09/26

対新潟戦:久々の

浦和2-0新潟
得点者
45+1分 柏木
81分 セルヒオ
観衆 31,973人

P1020298
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。なあ、やろうぜ俺たち。これじゃー、ホームで勝てないよ。(ゴール裏前段に対して何事かを言う)声はいつも以上に出しましょうよ。行くぞ、ほら。どーすんだよ、あんな奴らによ。絶対、勝点3獲るぞ。(GO WESTに続く)。」で試合開始となりました。

さて試合。
序盤はレッズペースでした。やはり暑さが落ち着いてきたことが良かったのかもしれません。
しかし前半15分にスピラが負傷退場(なんでも肉離れらしい)。
そこからカウンターをしかられることが多かったです。ただ、なんとか止めていました。
そんな新潟の術中にはまりそうな感じがした、前半アディッショナルタイム。エジミウソンからのパスを柏木が見事に決めて1-0、レッズが先制します。

後半開始前、角田氏は「行くぞ、ほら。もう1点獲ろうぜ。(GET GOAL 浦和レッズに続く)」で後半開始。

後半8分にサヌを外して岡本を投入。岡本は左サイドではなく右に。右サイドだった平川が左に行きました。(ヒラの左って暫く見ていないような気が・・・。)
その後はレッズペースでした。新潟も選手を入れ替えて攻撃に厚みを増そうとしましたが、なかなか上手く行かなかった感じです。
後半36分、ポンテの負傷退場(こちらのケガの程度は分からない)の代わりに入ったセルヒオがゴールを決めて2-0、レッズがリードを広げます。
このまま、なんとかレッズが逃げ切って、5月5日以来のリーグ戦、ホーム勝利となりました。

P1020312
試合後We Are Diamonds.を歌ったあとに角田氏は「お疲れ様でした。試合内容は良くなかったけど。(よく聞こえず)みんなさー、またやろうよ。肩組んで。」と言って、♪歌え浦和を愛するなら、決めろ浦和の男なら♪を歌い、「あのー、次勝って、次勝ってこそ、意味がありますから。邪魔なんですよ、大宮なんて。さいまたから追い出しましょう。お疲れ様でした。」と角田氏。

次節はさいたまダービーです。
今節の勝利が効いてきます。絶対勝ちましょう。

|

« 勝つこと | トップページ | 危機感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/49564796

この記事へのトラックバック一覧です: 対新潟戦:久々の:

« 勝つこと | トップページ | 危機感 »