« 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」:レビュー | トップページ | 良くない兆候 »

2010/11/30

ヴィジョンって何?

11月29日、オフィシャルサイトにて、フィンケ監督と契約更新しない、との発表がされました。
確かに、フィンケ監督が就任してから、観客数は減っていたし、2年目になってもリーグ上位とは言えない成績でした。
しかし、直輝、元気、峻希、宇賀神、岡本などの若手をゲームで使ったこと、4バックを浦和に導入し定着させたこと。そしてなにより、個人に頼らないチームをつくろうとした功績は大きいと思います。
そう考えると、今フィンケ監督と契約更新しないのは、失敗だと思います。観客数が減ったのは監督やコーチだけの責任なのか?そんなことはないでしょう。過度な期待をしすぎたフロントや我々観客自身かもしれません。オシムだってそんなにジェフで最初から圧倒的に勝てたわけではないですし。

ただ、気になるのはフィンケ監督が言っていた「来年描いている自分のヴィジョンとチーム(フロント)のヴィジョンが違う」という点です。フィンケ監督が思っているヴィジョンはわかりますが、フロントが描いているヴィジョンって一体何なの?という所です。正直、よくわかりません。

そのフロントが持ったヴィジョンの1つが、次期監督にペトロビッチということらしいです。このOB人事、うまく行くのかな・・・。
こういうスポーツ紙(今回は朝日新聞も含む)が先行するようなチームではダメ、とフィンケ監督は就任当初言っていたような記憶があります。こういうところでも、チーム内、フロントと監督、コーチ陣との距離を感じてしまいます。

|

« 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」:レビュー | トップページ | 良くない兆候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」:レビュー | トップページ | 良くない兆候 »