« 1−1 | トップページ | 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」:レビュー »

2010/11/28

対川崎フロンターレ戦:成長

川崎F1-1浦和
得点者
1分 矢島
75分 セルヒオ

この試合は昨日も書きましたが、仕事の都合でスカパーにてチェックしました。

印象に残ったのは3点。
まず1点目。開始早々に守備陣が、川崎の攻撃陣をどフリーにしていたこと。あれではハンデをあげたようなものです。もう少し出だしをしっかりやっていれば、違ったゲームになったような気がします。
次に2点目。後半からエンジンがかかり始めたこと。これはベンチワークがうまくいったというところでしょうか。ただあの運動量を前半から続けなさいと言われても、結構無理なのかも知れませんが。そして後半30分、それが結果となりセルヒオのゴールにつながったのかな、と思います。
そして3点目。最後に監督インタビューにて、フィンケ監督が「プロセスがうまく行っている。数字では表せないが、チームは成長している。」という言葉でした。この2年間、確かにチームは成長していると思います。それだからこそ、オフトの3年目ならぬフィンケの3年目が見てみたい気がしています。

そろそろ来シーズンの方向性がオープンにされると思います。チームが、というよりもフロントがどのように考えているのか、それとも考えていないのか、ある程度わかるのではないでしょうか。ただ、悪い方向性に進んでも、レッズを見続けていくんでしょうけど。

リーグ戦、最終節。
埼玉スタジアムに行けなくなってしまったので、国立で元日を迎えられるように勝ち上がってきてください。お願いします。

|

« 1−1 | トップページ | 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」:レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1−1 | トップページ | 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」:レビュー »