« 対ガンバ大阪戦:完敗 | トップページ | 対横浜Fマリノス戦:Good Game »

2010/11/22

監督問題

各種の報道によると、フィンケ監督の3年目があるのかないのか、微妙な感じになってきました。しかし、ここで監督を変えて何が変わるのでしょうか。
GMをはじめとするフロントは、観客数の減少は監督のやりたいサッカーが浦和レッズのファン・サポーターが求めているものと違ってしまい、それが観客数の減少だと結論付けていないだろうか、と思い始めました。要は、観客数の減少は監督1人の責任にしようとしていないだろうか、と。
11月20日放送のレッズナビでも、専門家でもあるサッカー解説者の湯浅さんや島崎さんの言葉を聞く限りでは、「いいサッカーをしている。ただ不幸にも結果がついてきていない。」というニュアンスで受け取りました。
フィンケ監督がやってきたサッカーは間違っていない。そうなるとフィンケ監督に3年目を任せるか、もしくはフィンケ監督がやってきたこのスタイルを継続してくれるような人を監督にするのが良いんでしょうね。
でも、こんな風に書くとフィンケ擁護派なんて言われるんでしょうね。

|

« 対ガンバ大阪戦:完敗 | トップページ | 対横浜Fマリノス戦:Good Game »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対ガンバ大阪戦:完敗 | トップページ | 対横浜Fマリノス戦:Good Game »