« また新潟から | トップページ | 噂の域ですが »

2010/12/12

SPACE BATTLESHIP ヤマト:レビュー

感想を一言で言うなら、残念という映画でした。
ネタバレしないように表現するなら、映像は素晴らしかったですよ。CGを駆使して、ヤマトの世界観を表現していましたから。
ただ、ストーリーがあまりにも良くない感じがしました。ヤマトの良さを、アニメを見ていない人にも分かってもらおうとして、詰め込みすぎでしたね。(詳しくはコメント欄に書きます。)
配役として、柳葉敏郎の真田志郎と西田俊之の徳川機関長、藤堂長官の橋爪功はハマリ役だったような気がします。あとアナライザーの声優さん緒方賢一さんが変わらず使われていたのは良かったです。

|

« また新潟から | トップページ | 噂の域ですが »

コメント

ストーリーが残念だった部分。
まず、話が荒かったこと。映画では良くあることですが・・・。
それとアニメ版の良かった部分を付け過ぎです。
イスカンダル編と白色彗星編を足していますし、最後には完結編までプラスしていたような・・・。
それと地球外生物というか、ガミラス人やイスカンダル人を複雑に表現しすぎでは、と思ってしまいました。
まあ、子供向けではないので仕方ないのかも知れませんが。アニメが100点なら、50点くらいの映画でした。

投稿: ハットリ | 2010/12/12 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また新潟から | トップページ | 噂の域ですが »