« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »

2010/11/27

1−1

引き分けだったようですね。

仕事のため、これから帰宅してTVで確認します。

| | コメント (0)

2010/11/25

信じてみるか・・・

確立は4分の1。でも今年のガンバ、清水or山形との試合内容をみるとそれ以下かも・・・。レッズが元日に国立で公式戦ができる確立です。
そのチケット発売日が今月27日。優良資産になるか、不良債権になるかわかりませんが、一度勝負に出て、買っておきますか?
今まで決勝のチケットを購入していたのが6度。夢がかなったのは2度。確立は3分の1。

まあ、信じるものは救われるってことで・・・。

| | コメント (0)

2010/11/24

ペトロ監督?

フィンケ監督の続投があるのかないのか不明なのに、一部スポーツ紙では、ペトロ監督の話が出ています。

実際、どーなんでしょうね?
現役時代を知っている自分としては、変に熱くなって退場とかしなければ良いな、と思ってしまいます。

| | コメント (0)

2010/11/23

対横浜Fマリノス戦:Good Game

横浜FM1-4浦和
得点者
3分 ポンテ
44分 ポンテ
45+1分 兵藤
50分 サヌ
53分 エジミウソン

今回はスカパーにてTV観戦でした。見に行けばよかったかな、と思わせる試合でした。
ゴール裏は試合開始前に赤き血のイレブン(国内版、2と言った方が良いのかな)でスタートしていました。
この試合、3分にCKからのこぼれ玉をポンテが決めて0-1、レッズが先制します。
その後は、攻めるマリノス、それを迎え撃つレッズという構図になってしまいました。そのため、ボール試合率、シュート数ともにマリノスが上。しかし、決定機に決められなかったのがマリノスの敗因なんでしょう。
44分に、カウンターからポンテがミドルシュートを決めて0-2とします。このままで終われば良かったのですが、アディッショナルタイムに兵藤に決められて1-2。失点を許してしまいます。
少し嫌な雰囲気でハーフタイムに入ってしまいました。
しかし、後半5分。カウンターからポンテからのパスを右に流れた峻希が受けて、センタリング。これをサヌが決めて1-3。そしてサヌのバク宙パフォーマンスがありました。
そしてその3分後、同じくポンテからのパスを峻希が受けて、センタリング。これを今度はエジが決めて1-4。ここで勝負ありになりましたね。
あとはレッズが守りきって、タイムアップ。

前節が完敗だっただけに、素晴らしい試合になりました。
天皇杯に期待をもっても良い試合内容だったと思います。スカパーでの試合後に行なわれたフィンケ監督のコメントも、天皇杯に注力していくということを言ってましたから。(でも、たった1試合で揺れ動いちゃうのは良くないのかな・・・。)

| | コメント (0)

2010/11/22

監督問題

各種の報道によると、フィンケ監督の3年目があるのかないのか、微妙な感じになってきました。しかし、ここで監督を変えて何が変わるのでしょうか。
GMをはじめとするフロントは、観客数の減少は監督のやりたいサッカーが浦和レッズのファン・サポーターが求めているものと違ってしまい、それが観客数の減少だと結論付けていないだろうか、と思い始めました。要は、観客数の減少は監督1人の責任にしようとしていないだろうか、と。
11月20日放送のレッズナビでも、専門家でもあるサッカー解説者の湯浅さんや島崎さんの言葉を聞く限りでは、「いいサッカーをしている。ただ不幸にも結果がついてきていない。」というニュアンスで受け取りました。
フィンケ監督がやってきたサッカーは間違っていない。そうなるとフィンケ監督に3年目を任せるか、もしくはフィンケ監督がやってきたこのスタイルを継続してくれるような人を監督にするのが良いんでしょうね。
でも、こんな風に書くとフィンケ擁護派なんて言われるんでしょうね。

| | コメント (0)

2010/11/21

対ガンバ大阪戦:完敗

浦和0-2ガンバ大阪
得点者
53分遠藤
83分ルーカス
観衆 40,071人

P1020369
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。オイ、久しぶりだな、こんなに入ったの。ここでしっかり勝とう。(前の方をあおる)90分間、しっかり闘いましょう。(アレアレアレア浦和に続く)」で試合開始。

試合は簡単に触れましょう。
第三者的な視点からは面白い試合だったと思います。ただ、自分にとっては完敗したゲームだったとしか思えません。
前半は浦和が圧倒してしたような気がします。実際シュート数でもレッズのほうが多かったですから。
ただ、クロスバーに嫌われたりしたのが多かったかな。
後半勝負だと思っていたのは、ガンバでしょう。実際にそのようなゲームになってしまいましたから。
遠藤のゴールはオフサイドかもと現場では思ったのですが、そんなことはなく、いい飛び出しだったんですよね。
ルーカスのゴールは完全にフリーにしてしまったことでの失点。
残念でなりません。後半は得点する雰囲気が消えてしまったような気がします。

これでリーグ戦での3位以内というのがなくなってしまいました。
目標にしていたACLも天皇杯で優勝するしかなくなりました。
P1020374
来シーズンに向けてと、12月25日のガンバ戦に向けての残り3節になります。
怪我人の復帰を待ちながら、良いサッカーを展開してほしいものです。

少し敗戦のショックが大きいので、手短に終わらせていただきます。

| | コメント (0)

« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »