« R-1グランプリ 2011:雑感 | トップページ | 雪 »

2011/02/13

PSM対サガン鳥栖戦

サガン鳥栖2-1浦和レッズ
得点者
7分豊田
18分エジミウソン
67分野田

今回は当然ながら、鳥栖まで行く資金も時間もないので、スカパーにてTV観戦しました。
ゴール裏は赤き血のイレブン(国内版)でスタート。

さて試合ですが、一言で言っていまうと、昨シーズン良くあった悪いときの試合内容とあまり変わっていませんでした。まあ、チームも2ヶ月ちょっとで劇的に変わるわけではないですから。

今回目立ったのは、サイドからの崩しが目立つようになったこと。
宇賀神、原口、達也、途中から入ったセルが目立っていたような気がします。
ただ、敦也のプレイが象徴的だったのですが、シュートは打てど入らず。ここが昨シーズンと変化していない感じがしました。
あとは守備が不安になりました。
確かにシーズン前で追い込んでいるため体力的に苦しいのかもしれませんが、前半6分の先制点を許した場面とか、前半43分のピンチとか、相手のCKからのものでしたから・・・。
2失点とも、得点者へのマークが甘かったです。昨シーズンも不安な部分が多かったですよね。
それと全体的にミスが多かったような気がします。特に後ろでのボール回しが危なく感じました。

今シーズンも、しばらくは苦しい時期を過ごしそうな気分にさせてくれたプレシーズンマッチでした。
いい意味で裏切ってほしいものです。(なんんかネガティブな感じの文章になってしまいました。)

|

« R-1グランプリ 2011:雑感 | トップページ | 雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R-1グランプリ 2011:雑感 | トップページ | 雪 »