« いい天気 | トップページ | 声がかかるとは »

2011/05/16

対セレッソ大阪戦:引き分け

浦和1-1C大阪
得点者
 8分原口
35分清武
観衆 31,571人

P5150005
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。この前のマリノス戦のスタンド。こんなの浦和のゴール裏じゃないから。今日、しっかり声出して、しっかり勝ち点3とって行きましょう。だよな。声出していこうぜ、今日は。とんがるだけとんがっていこうぜ。(Go Westに続く)」で試合開始。

試合の内容については、他の方のブログを見ていただいた方が良いと思われます。

それでも3つほど思ったことを。
まず、前半からこの試合、選手に闘う姿勢が見られたのが非常に嬉しかったです。
そんなことを感じていた時間帯に原口が得点を決めてくれたのは非常に良かったです。

2点目。失点の場面は明らかにDFのミスからでした。それが残念です。

3点目。調子が上がらないのか、それとも後半40分近くになって疲れたのをペトロが気になったのかは分かりませんが、エジミウソンを途中交代させたことが印象的でした。また、途中出場でもなかなか活躍できないマゾーラをベンチに置かなかった、その代わり梅崎をベンチに置いたことが、これまた重要な変更点だったかと思われます。

P5150009
「気落ちせずに行こうよ。ねえ、この前の仙台戦、Pride Of Urawa 歌って負けて、今回引き分けて。負けてないんだよ、忘れたの?俺達の気持ち次第だよ。もっともっと次の試合で上げて、進んでゴールあげて、鹿島しっかり叩こう。元気ないのは浦和じゃないんだよ。もっとやるだろ。お前らももっとやるだろ。ホームじゃ負けられないんだよ。浦和が鹿島に勝たないとJリーグ、盛り上がらないだよ、分かってんのかよ、お前ら。やってやろうじゃねーか。今日、俺は結構やれたと思うよ。でも引き分けは引き分け。次、鹿島から勝ち点3、しっかり奪ってやろうぜ。(途中よく聞こえず)」と角田氏。

この勝ち点1がのちのちいい方向に動いていけば、と思います。

次節の鹿島戦。
勝ちたいですね、しっかりと。
観客数も10日くらいで10,000人も違うと、スタジアムも閑散としてしまいます。なので時間がある方は来て欲しいです。

|

« いい天気 | トップページ | 声がかかるとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/51679043

この記事へのトラックバック一覧です: 対セレッソ大阪戦:引き分け:

« いい天気 | トップページ | 声がかかるとは »