« 苦境 | トップページ | 前半終了 »

2011/06/19

対清水戦:打開策

浦和1-3清水
得点者
24分 ボスナー
64分 高原
80分 梅崎
86分 ボスナー
観衆 31,921人

P6180006
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏はトラメガを使わずに何かを言っていました。(内容は自分の位置からは分からず)その後、Pride of Urawaのチャントが始まって、試合開始。

試合内容は惨憺たるものでした。
詳しくは他の方のブログを見ていただければ幸いです。
シュート数はレッズの方が多かったのですが、決定的なシュートは清水の方が間違いなく多かったです。

ペトロ監督ももうどうしたらよいのか分からないような感じなのではないでしょうか。
前半の34分に坪井から原に交代するし、後半15分に啓太から運動量に不安のあるマゾーラに交代するんですから。そんなにFW増やしてどうするんだか・・・。FW交代ならエジミウソンでも良いのでは。なんか迷いがあるらしいから。

ともかく、ボスナーに3点目のFKを決められた時点で、万事休す。
ゴール裏に居ながら、声が小さくなってしまいました。心が折れました。非常に残念です。

またスタジアムから出るときに、周りから「J2降格」という単語がそこかしこから聞こえてきました。

P6180013


このままではJ2に行きます、間違いなく。中にはJ2に降格して膿を出した方が良いという方もいらっしゃるかも知れませんが、J2に降格しても膿は出し切れません。2000年シーズンを振り返っても、出るどころか新たなる傷口が増えただけでしたから。
打開策は一体何なんだろう。監督更迭させても、さほど効果があるとは思えませんが、立て直せる方がいらっしゃるのなら任せても良いかと思います。またスタメンの入れ替えとか、緊急補強もありだと思います。

今の陣容ではだめだということを証明した清水戦でした。

|

« 苦境 | トップページ | 前半終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/51983657

この記事へのトラックバック一覧です: 対清水戦:打開策:

« 苦境 | トップページ | 前半終了 »