« 涼しい | トップページ | 献花台 »

2011/07/24

対甲府戦:森さんに捧げる勝利

浦和2-0甲府
得点者
53分 平川
73分 柏木
観衆 31,369人

P7230009
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は、特に話すこともなく、ララ浦和でスタートさせました。キックオフ直前には“We Are Reds!”コールを行ないました。それだけこの試合に向ける気持ちの現われだったのかも知れません。

さて試合ですが、簡単に。

前半12分、甲府のFKが素早くやられて、加藤とパウリーニュが1対1.加藤がたまらずエリア外でファールを犯して一発退場。当然といえば当然ですが、セルヒオと山岸を交代させて10対11の数的不利になってしまいました。
そこから良く無失点で凌ぎました。甲府はチャンスでバーやら枠外しのシュートが多かったです。ここがポイントだったんでしょうね。

後半7分、柏木とのパス交換でPA内に進入した平川。シュートを打って、それがDFに当たってのゴール。これが決まるか、というような先制点でした。(まあ、泥臭くても1点は1点ですから)
このころになると数的不利は感じませんでした。というよりも、甲府は数的優位を活かせなかったんじゃないでしょうか?
後半27分、原口のパスをうけた柏木が、ループ気味のスーパーシュートを放って2-0。レッズがリードします。

あとは最近逃げ切るのが上手くないレッズにヒヤヒヤしながらも、なんとかそのまま逃げ切り。
残留争いをしている相手に直接勝ったのは非常に大きいです。

P7230023
試合終了後、「森さんにWe Are Diamonds.歌おうよ。」と言った後に歌い始めました。その後「このコールをやりたいんだよ、今日は」と言った後に森カンペオーンコールを行ないました。
「森さんは俺達の文句、全部聞いてくれて、逃げはしなかった。それで俺達と一緒に闘ってくれた。浦和レッズはそこから始まった。その気持ち、汲み取って、この勝利、森さんに捧げましょう。(途中聞こえず)この後の試合で、森さんをがっかりさせない試合をして、浦和レッズを支えていきましょう。森さんが天国で上手い酒を飲めるように闘っていきましょう。弱かった時代のころを思い出して、あの曲を歌いたいと思います。(浦和レッズカンペオーンに続く)また一緒に戦いましょう。(良く聞こえなかったため、若干違うかも知れません)」と角田氏。

この後、大切な連戦が続きます。勝ち残って行きましょう、森さんをがっかりさせないように。



|

« 涼しい | トップページ | 献花台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/52292087

この記事へのトラックバック一覧です: 対甲府戦:森さんに捧げる勝利:

« 涼しい | トップページ | 献花台 »