« 対柏戦:チームとしての差 | トップページ | Superfly Arena Tour 2011 " Shout In The Rainbow!! " »

2011/12/05

3時間30分

18時30分に橋本社長が北側ゴール裏に登場しスタートしました。
スタート時にはざっとゴール裏には1,500人程度。メインやバックにも人がちらほらいました。

今回、自分は橋本社長が直ちに辞任するにしても、続けるにしても、J1残留というJ2からあがったばかりのクラブが掲げるような目標になってしまった経緯を納得いくように説明して欲しかったからです。それで納得できなければ辞任して欲しい気持ちでいましたが・・・。(たぶん納得できないだろうから、辞任要求にはなったのでしょうけど。)幸い次の予定もなかったので。
Pc030030

ただ、大半の方は声を要約すると「GM、監督を更迭して、社長が責任をとって辞めないのはおかしい。即刻辞任してください。」というものでした。

トラメガをもった社長の意向は「来シーズンもやりたい。」「やります。」「チャレンジしたい。」というものでした。

周りからは「早く辞めると言えば楽になるぞ。」とか「もう無理。あなたには付いていけない。」「3年もやって、この結果。もうあなたでは悪くなるばかりなので、即刻辞めてください。」と言う声が聞こえてきました。

そんな中、角田氏が「あの弾幕読んでみてよ。」という言葉を受けて、橋本社長が「この状況はフロントの情熱、誇り、愛が足りなかった結果。這い上がる覚悟を見せろ」と音読しました。
その後も周りからは「三菱自動車がそんなに大切なのかよ。怖いのかよ。」とか「どうせ7月になったらいなくなるんだろ」「社長はレッズが好きじゃないんだろ」「ラガーマンなら、潔く辞めてくれ」という声が・・・。
後は社長が入場者数や収支の話をすると「そんなクラブにお前がしたんだろ。責任取れよ。」とか「こんな上司にはついていけないでしょ?そこの2人も可哀想だ。あなたたちも辞めてほしいんでしょ、橋本社長に。」という感じ。

社長も一時期、声を荒げて答弁したこともありましたが、2時間半くらい経ったあたりでしょうか、「社長、ここで辞めるの、辞めないの?」という罵声にも近い問いかけに「(辞任ウンヌンを)ここで話すことではない。」と言い放ち、事態は堂々巡りで、収拾する感じがなくなりました。
こちら側も感情的な発言をする人もいたので、収拾がつくとは思えませんでした、
Pc030039
3時間くらい経ってから、運営の畑中氏が社長のトラメガを持って話をはじめました。
覚えている限りで箇条書きします。
・フロントにもレッズを愛している人はたくさんいる。
・今回、監督更迭いの際、堀さんに監督を頼んだことも、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
・昔みたいに勝ったときも負けたときも、サポーターみんなと気持ちを共有したい。
・今回の社長の辞任要求をされているこの事態は異常。これはクラブで決めることだから、クラブで決めさせてほしい。
・ここで社長が辞めると言ったら、昔のような関係(ともに闘い、ともに気持ちを共有するような)にはなれないと思う。
・このような事態になったことが非常に残念で仕方がないし、申し訳ない。
・この後出口で私達4人があなた方一人一人の意見を聞きます。ここまで残っていた人の人数を数えます。そして、ここで話し合ったことをクラブ運営に反映させます。

その後、何度かフロントとこちら側の意見交換を行ない、社長がこのような返答をしました。
・社長などの人事を今までのシーズン途中ではなく、Jリーグの日程に合わせて2月1日で行なえるように三菱自動車に交渉する。
・天皇杯までに今シーズンの総括を行ない、決断をする。(良く聞こえなかったので、たぶん進退伺いをし、辞めるか辞めないかの決断するのだと思います。)
(もう1つあったのですが、フライング発言と橋本社長が言っていたので省略します。)

ここで10時。実に3時間30分の抗議活動でした。この時間までいたのは、約1,000人くらいですか。
その後、社長含め4名のフロント陣が北門出口にて意見を聞きに来ていました。

これって、茶番に思える人もいるかと思います。
でも行動し、フロントに意見を伝えることも非常に大切なのではないでしょうか?

このクラブは誰のものなのかと考えたときに、当然株主のものでもありますが、自分のようにチケットを購入しスタジアムに足を運ぶ人のものでもあり、地域に住んでいる人のものだと思います。
観客のため、地域のためのクラブというのなら、三菱自動車のための1つのポストでは困ります。確かに前身は三菱自動車の福利厚生部門だったのでしょう。でも今は地域に根ざしたクラブと言っている以上、法人名称(社名)を株式会社三菱自動車フットボールクラブから株式会社浦和レッドダイヤモンズにし、三菱自動車から距離を置くことも選択肢の一つになるのかもしれません。

今後の動きに注目していきましょう。騙されるかも知れませんが・・・。
恋愛と一緒で、好きになったものの弱みですかね。

|

« 対柏戦:チームとしての差 | トップページ | Superfly Arena Tour 2011 " Shout In The Rainbow!! " »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/53405302

この記事へのトラックバック一覧です: 3時間30分:

« 対柏戦:チームとしての差 | トップページ | Superfly Arena Tour 2011 " Shout In The Rainbow!! " »