« 現在 | トップページ | 3時間30分 »

2011/12/04

対柏戦:チームとしての差

浦和1-3柏
得点者
29分 ジョルジ ワグネル
38分 橋本和
53分 柏木
76分 茨田
観衆 54,4441人

Pc030001
司会開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「みんな、脱げ、脱げ。寒くないぞ。オイ、脱ぐんなら今だぞ、脱ぐんだったら今しかないんだぞ。つべこべ言うな、脱ぐときは脱ぐんだよ。そろそろ行こうか。あいつら、黄色い奴らには負けなーぞ。オイ、柏の奴らが出しているぞ、『やってやれ』って。(Go Westに続く)」で試合開始。

試合内容は、全国の方に見られるチャンスがあったので省略して、雑感だけ。
力の差が大きいと感じた試合でした。
特に前半、レッズは守備練習でしたから。まるでナビスコ決勝のアントラーズ戦の再現かと思いましたから。
あと2失点目は、優勝するチームってああいうまぐれゴールが決まっちゃうんだろうな、ということ。チームの勢いというか、なんと言うか・・・。
サッカーは個人対個人の対決部分もあるけど、チーム力・総合力の勝負なんですね。レイソルの選手とレッズの選手、個々の能力や実績は同じくらいかレッズの方が上回っている感じがします。ただ、チームとして闘う場合、戦術、もっと簡単な約束事が勝敗を決める。それを思い知らされました。
スタッツ比較にて、シュート数が浦和4に対して柏25。これが優勝したチームと降格するかしないかの瀬戸際を彷徨ったチームの差なんでしょう。

Pc030018

今シーズンのリーグ戦はこれで終了。
大宮とのダービーに負けて、降格が現実的なものとなってしまったときから、監督を引き受けてくれた堀監督。最大のミッションであるJ1残留を決めてくれたこと、本当に感謝しています。

試合終了後のことについては、少し体力が回復したらまとめます。(少し風邪気味になってしまったので。)


|

« 現在 | トップページ | 3時間30分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現在 | トップページ | 3時間30分 »