« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

2011/07/30

対川崎戦:連勝

川崎0-1浦和
得点者
9分 オウンゴール

天候雨、気温26度、湿度70%越えの中、選手、サポートした面々に感謝いたします。
この試合、ゴール裏はウォリアーから入っていました。

試合は前半9分にカウンターから柏木からマルシオへボールがつながりゴール。非常に綺麗なカウンターだ、と思ったのですが、実際にはオウンゴールだったんですね。それでもマルシオが走りこんでいたのが効きました。
それとこの試合、直輝が非常に動いていました。流石は浦和のハートです。TV画面でも直輝がちょくちょく動いてチェックに行っているのが良く分かりました。
この試合のポイントは後半開始から、中村憲剛を投入してからの15分くらいでしょうか。ここでレッズが失点せずにフロンターレの攻撃を抑えきったのが勝因だったと思います。その中でもGK順大の働きが素晴らしかったです。彼の判断力のよさが良く分かった試合でもありました。

AWAYの地で、勝利後We are Diamonds.を歌えるのは非常に嬉しいことです。
これからも続いていって欲しいですね。
(今回ペトロについてのコメントはいたしません。だって、せっかくの連勝にケチつけてもね。)

| | コメント (0)

2011/07/29

代表3人

今回の代表合宿に、直輝、柏木そして原口が選出されました。
試合出場時間が短い直輝が選出されるのは、見る人が見ると違うんだな、という気がしました。
今後、浦和のハートと浦和の太陽がともに活躍し、現在チーム得点王がもっと点を取れるようになればと思いました。

| | コメント (0)

2011/07/28

勝ったようで

今回の山形戦、勝ったようです。
正直、画像で確認できるのは、GGRまで待つことになりますが・・・。

これで次は大宮との対戦です。
水曜日なので行くことは難しそう。

| | コメント (0)

2011/07/27

しゃべっちゃうんだ

今回のナビスコカップセカンドレグ、ペトロビッチ監督は、新聞報道でもなく雑誌取材でもなく、なんとオフィシャルに先発起用する選手やら、帯同するしないの選手をしゃべくっています。
いつから、ナビスコカップはスターティングメンバーを前日に発表するようになったのですか?
この人は監督に向いているのだろうか・・・。これじゃドイツワールドカップで指揮をとったコインブラ氏とかわらないような気がします。
山形に対して良いハンデとか思っていると、やられそうな気がします。でも、リーグ戦を優位に進めるためナビスコを勝ち上がらないで負けても良いと思っているのなら、それはそれで話は違ってきますけどね。
まあ、凡人には良く分かりません。

| | コメント (0)

2011/07/26

キャリーオーバー

今回のtoto BIG の1等は、キャリーオーバーしましたね。
まあ当たらないから6億円なのでしょう。

今年中に当たらないかな・・・・。

| | コメント (0)

2011/07/25

献花台

P7230002


先日の甲府戦において、埼玉スタジアム北門に森監督への献花台が設置されていました。

かなりの人が献花していました。

あらためて哀悼の意を表します。

| | コメント (0)

2011/07/24

対甲府戦:森さんに捧げる勝利

浦和2-0甲府
得点者
53分 平川
73分 柏木
観衆 31,369人

P7230009
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は、特に話すこともなく、ララ浦和でスタートさせました。キックオフ直前には“We Are Reds!”コールを行ないました。それだけこの試合に向ける気持ちの現われだったのかも知れません。

さて試合ですが、簡単に。

前半12分、甲府のFKが素早くやられて、加藤とパウリーニュが1対1.加藤がたまらずエリア外でファールを犯して一発退場。当然といえば当然ですが、セルヒオと山岸を交代させて10対11の数的不利になってしまいました。
そこから良く無失点で凌ぎました。甲府はチャンスでバーやら枠外しのシュートが多かったです。ここがポイントだったんでしょうね。

後半7分、柏木とのパス交換でPA内に進入した平川。シュートを打って、それがDFに当たってのゴール。これが決まるか、というような先制点でした。(まあ、泥臭くても1点は1点ですから)
このころになると数的不利は感じませんでした。というよりも、甲府は数的優位を活かせなかったんじゃないでしょうか?
後半27分、原口のパスをうけた柏木が、ループ気味のスーパーシュートを放って2-0。レッズがリードします。

あとは最近逃げ切るのが上手くないレッズにヒヤヒヤしながらも、なんとかそのまま逃げ切り。
残留争いをしている相手に直接勝ったのは非常に大きいです。

P7230023
試合終了後、「森さんにWe Are Diamonds.歌おうよ。」と言った後に歌い始めました。その後「このコールをやりたいんだよ、今日は」と言った後に森カンペオーンコールを行ないました。
「森さんは俺達の文句、全部聞いてくれて、逃げはしなかった。それで俺達と一緒に闘ってくれた。浦和レッズはそこから始まった。その気持ち、汲み取って、この勝利、森さんに捧げましょう。(途中聞こえず)この後の試合で、森さんをがっかりさせない試合をして、浦和レッズを支えていきましょう。森さんが天国で上手い酒を飲めるように闘っていきましょう。弱かった時代のころを思い出して、あの曲を歌いたいと思います。(浦和レッズカンペオーンに続く)また一緒に戦いましょう。(良く聞こえなかったため、若干違うかも知れません)」と角田氏。

この後、大切な連戦が続きます。勝ち残って行きましょう、森さんをがっかりさせないように。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »