« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011/12/10

寒い

寒くなってしまい、少し体調がおかしくなってしまいました。
今週末は何もせずに体力温存します。
たまったDVDを消化しますか。

| | コメント (0)

2011/12/09

来シーズンも

来シーズンも天皇杯決勝は元日とのこと。
そうなると必然的にJリーグの開催期間も例年通りとなりますね。

日本には無理なのかな、秋春制度の導入は・・・。

| | コメント (0)

2011/12/08

堀之内聖

堀之内と契約更新しないんですね。
今シーズン、ベンチ入り6試合ですから、仕方がないのかも知れないです。

でもこのままフロントに入るよりも、他のチームを経験してからフロント入りして欲しいです。かなり大変なことなのは重々承知ですが・・・。

| | コメント (0)

2011/12/07

契約更新?

現在、栃木SCにレンタル移籍している堤選手以外、契約更新する気なのでしょうか?
確かに誰が残って、誰が去るとかは余計なお世話かもしれませんが、移籍するとかの話も聞こえてきませんし。

まあ、新しいTOPが決定しないと動きようがないんでしょうけど。

| | コメント (0)

2011/12/06

Superfly Arena Tour 2011 " Shout In The Rainbow!! "

12月4日、さいたまスーパーアリーナでのSuoerflyのライブに行ってきました。
Superflyの曲は、Mind Travelに収録されている曲しか知りませんし、それにこのアーティストを知ったのもワールドカップの番組曲になったからだけなんですよ。

でもライブに行って楽しめました。
歌が上手いのはもちろんのこと、声量があったのが印象的でした。
あとは客層が広い感じがしました。
衣装チェンジもそんなに行なわないんですね。(いつも行く人のが多い分だけ)

| | コメント (0)

2011/12/05

3時間30分

18時30分に橋本社長が北側ゴール裏に登場しスタートしました。
スタート時にはざっとゴール裏には1,500人程度。メインやバックにも人がちらほらいました。

今回、自分は橋本社長が直ちに辞任するにしても、続けるにしても、J1残留というJ2からあがったばかりのクラブが掲げるような目標になってしまった経緯を納得いくように説明して欲しかったからです。それで納得できなければ辞任して欲しい気持ちでいましたが・・・。(たぶん納得できないだろうから、辞任要求にはなったのでしょうけど。)幸い次の予定もなかったので。
Pc030030

ただ、大半の方は声を要約すると「GM、監督を更迭して、社長が責任をとって辞めないのはおかしい。即刻辞任してください。」というものでした。

トラメガをもった社長の意向は「来シーズンもやりたい。」「やります。」「チャレンジしたい。」というものでした。

周りからは「早く辞めると言えば楽になるぞ。」とか「もう無理。あなたには付いていけない。」「3年もやって、この結果。もうあなたでは悪くなるばかりなので、即刻辞めてください。」と言う声が聞こえてきました。

そんな中、角田氏が「あの弾幕読んでみてよ。」という言葉を受けて、橋本社長が「この状況はフロントの情熱、誇り、愛が足りなかった結果。這い上がる覚悟を見せろ」と音読しました。
その後も周りからは「三菱自動車がそんなに大切なのかよ。怖いのかよ。」とか「どうせ7月になったらいなくなるんだろ」「社長はレッズが好きじゃないんだろ」「ラガーマンなら、潔く辞めてくれ」という声が・・・。
後は社長が入場者数や収支の話をすると「そんなクラブにお前がしたんだろ。責任取れよ。」とか「こんな上司にはついていけないでしょ?そこの2人も可哀想だ。あなたたちも辞めてほしいんでしょ、橋本社長に。」という感じ。

社長も一時期、声を荒げて答弁したこともありましたが、2時間半くらい経ったあたりでしょうか、「社長、ここで辞めるの、辞めないの?」という罵声にも近い問いかけに「(辞任ウンヌンを)ここで話すことではない。」と言い放ち、事態は堂々巡りで、収拾する感じがなくなりました。
こちら側も感情的な発言をする人もいたので、収拾がつくとは思えませんでした、
Pc030039
3時間くらい経ってから、運営の畑中氏が社長のトラメガを持って話をはじめました。
覚えている限りで箇条書きします。
・フロントにもレッズを愛している人はたくさんいる。
・今回、監督更迭いの際、堀さんに監督を頼んだことも、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
・昔みたいに勝ったときも負けたときも、サポーターみんなと気持ちを共有したい。
・今回の社長の辞任要求をされているこの事態は異常。これはクラブで決めることだから、クラブで決めさせてほしい。
・ここで社長が辞めると言ったら、昔のような関係(ともに闘い、ともに気持ちを共有するような)にはなれないと思う。
・このような事態になったことが非常に残念で仕方がないし、申し訳ない。
・この後出口で私達4人があなた方一人一人の意見を聞きます。ここまで残っていた人の人数を数えます。そして、ここで話し合ったことをクラブ運営に反映させます。

その後、何度かフロントとこちら側の意見交換を行ない、社長がこのような返答をしました。
・社長などの人事を今までのシーズン途中ではなく、Jリーグの日程に合わせて2月1日で行なえるように三菱自動車に交渉する。
・天皇杯までに今シーズンの総括を行ない、決断をする。(良く聞こえなかったので、たぶん進退伺いをし、辞めるか辞めないかの決断するのだと思います。)
(もう1つあったのですが、フライング発言と橋本社長が言っていたので省略します。)

ここで10時。実に3時間30分の抗議活動でした。この時間までいたのは、約1,000人くらいですか。
その後、社長含め4名のフロント陣が北門出口にて意見を聞きに来ていました。

これって、茶番に思える人もいるかと思います。
でも行動し、フロントに意見を伝えることも非常に大切なのではないでしょうか?

このクラブは誰のものなのかと考えたときに、当然株主のものでもありますが、自分のようにチケットを購入しスタジアムに足を運ぶ人のものでもあり、地域に住んでいる人のものだと思います。
観客のため、地域のためのクラブというのなら、三菱自動車のための1つのポストでは困ります。確かに前身は三菱自動車の福利厚生部門だったのでしょう。でも今は地域に根ざしたクラブと言っている以上、法人名称(社名)を株式会社三菱自動車フットボールクラブから株式会社浦和レッドダイヤモンズにし、三菱自動車から距離を置くことも選択肢の一つになるのかもしれません。

今後の動きに注目していきましょう。騙されるかも知れませんが・・・。
恋愛と一緒で、好きになったものの弱みですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/04

対柏戦:チームとしての差

浦和1-3柏
得点者
29分 ジョルジ ワグネル
38分 橋本和
53分 柏木
76分 茨田
観衆 54,4441人

Pc030001
司会開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「みんな、脱げ、脱げ。寒くないぞ。オイ、脱ぐんなら今だぞ、脱ぐんだったら今しかないんだぞ。つべこべ言うな、脱ぐときは脱ぐんだよ。そろそろ行こうか。あいつら、黄色い奴らには負けなーぞ。オイ、柏の奴らが出しているぞ、『やってやれ』って。(Go Westに続く)」で試合開始。

試合内容は、全国の方に見られるチャンスがあったので省略して、雑感だけ。
力の差が大きいと感じた試合でした。
特に前半、レッズは守備練習でしたから。まるでナビスコ決勝のアントラーズ戦の再現かと思いましたから。
あと2失点目は、優勝するチームってああいうまぐれゴールが決まっちゃうんだろうな、ということ。チームの勢いというか、なんと言うか・・・。
サッカーは個人対個人の対決部分もあるけど、チーム力・総合力の勝負なんですね。レイソルの選手とレッズの選手、個々の能力や実績は同じくらいかレッズの方が上回っている感じがします。ただ、チームとして闘う場合、戦術、もっと簡単な約束事が勝敗を決める。それを思い知らされました。
スタッツ比較にて、シュート数が浦和4に対して柏25。これが優勝したチームと降格するかしないかの瀬戸際を彷徨ったチームの差なんでしょう。

Pc030018

今シーズンのリーグ戦はこれで終了。
大宮とのダービーに負けて、降格が現実的なものとなってしまったときから、監督を引き受けてくれた堀監督。最大のミッションであるJ1残留を決めてくれたこと、本当に感謝しています。

試合終了後のことについては、少し体力が回復したらまとめます。(少し風邪気味になってしまったので。)


| | コメント (0)

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »