« 啓太の日 | トップページ | 達也、契約更新せず »

2012/11/18

対広島戦:喰いつくこと

浦和2-0広島
得点者
41分 梅崎
61分 啓太
観衆 41,1296人

Pb170024
試合開始前、威風堂々をやった後、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。俺たちらしく、オイ、喰いついてやろうぜ。でかい声で喰いついてやろうぜ。行こうぜ。We are Reds!(We are Reds!コール、その後に赤き血のイレブンに続く)」で試合開始となりました。

試合についてはHNK総合で生でやっていたので、簡単に。
この試合、前からプレスがかかっていたのが良かったのでしょう。
そのため、守備が非常に良くできていました。特に、佐藤寿人に3本シュートを打たれても0で押さえたこと、これが大きかったと思います。
守備が安定していたからでしょうか、本当に素晴らしかった啓太の動き。1ゴール1アシスト、ケガで出場を見合わせた柏木のような活躍でした。前節、川崎戦で逆アシストしてしまったプレーの汚名返上(名誉挽回)が出来たかと思います。
それと坪井のオーバーラップ。後半11分、右からクロスをあげていましたから。そういうものが見れたのも、守備の安定があったからでしょう。
あとレッズはオフサイドが多かったような気がします。それも広島のDFラインが浅かったのも要因してあるのかな・・・。
この日の広島はラフプレーが目立ちました。またそれを上手く判断できなかった扇谷主審もなんだかなー、感じでした。

Pb170030
試合後「お疲れ様でした。この後、鳥栖、名古屋にも喰いついてやろう。食いつきましょう、俺たちらしく。鳥栖行く?鳥栖、行っちゃう。ヨシ、行きましょう、鳥栖。ジャックしましょう。お疲れ様でした。」と角田氏。

あと2試合、しっかり喰らいついて、またアジアへ行きましょう。

|

« 啓太の日 | トップページ | 達也、契約更新せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓太の日 | トップページ | 達也、契約更新せず »