« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

2012/03/24

アウェーで

アウェーで
アウェーで逆転勝ち。


まだまだ課題は多いけど、逆転勝ちは素直に喜びたいです。

帰宅したら、まとめます。

| | コメント (0)

同志多数

同志多数
同志が多数いる中での遠征となりました。

現地は寒いみたいです。

| | コメント (0)

2012/03/22

R-1ぐらんぷり2012:雑感

正直申しまして、今回のR-1はさほど面白くなかったような気がしました。

確かに面白いネタもありましたが、なだぎ武が二連覇したときと比べると面白くなかったかな?
なんかストーリー性はなかったんですよ、特に優勝したCOWCOWの多田さんのネタは。

まあ、それでも集中してみていたってことは、面白かったんでしょうね。

| | コメント (0)

2012/03/21

左膝前十字靭帯損傷

直輝は本当にケガに泣かされる選手になっちゃいましたね。
左膝前十字靭帯損傷、通常なら全治まで6ヶ月近くかかります。
今回でじっくりケガの治療をして、万全の状態で復帰して欲しいです。
伸二もケガでシドニー行けなかったのを思い出しました。

| | コメント (0)

ナビスコカップ対仙台戦:結果

浦和1-0仙台
得点者
49分 永田
観衆 23,076人

P3200005
ナビスコ予選、年度末、お彼岸という悪条件があったためでしょうか、この試合23,000人と少ない入りになってしまいました。
そんな中、浦和ボーイズコールリーダー角田氏はトラメガを使用せずに「少ない人数だけど、しっかりやっていこう。若い選手達がたくさん出ているから、次につながるような試合を見せてもらおう。」という言葉でスタートしました。ファーストインプレッション時にはコールやチャントはなく、拍手で出迎えました。

さて試合。簡単に振り返りましょう。
今回、メンバーをめちゃくちゃいじりました。土曜日の柏戦から残ったのが、柏木と永田以外は入れ替えました。この時期だと、ベストメンバー規定とかいうものが適用されないから、できちゃった布陣かもしれませんが。

前半、岡本と直輝が前半の早い時間に負傷退場。
岡本はケガばかりしている印象が付いてしまいそうです。直輝もケガで泣かされることが多い選手です。早めの回復を祈願します。
それと伴って、仙台に押されっぱなしでした。まあ、メンバーがメンバーなだけに仕方がないのかもしれませんが。
それでも0で凌いだのは大きかったです。

後半は、4分早々にCKから永田がヘッドで決めて、レッズが先制します。
その後は仙台の方が押していました。それでも失点しない、なんとか防ぎきるようになったのは昨シーズンとちがった点です。山岸のセーブ、良かったです。(フィードには問題ありでしたが。)
ただ、この試合、自分が見ていて悪かった点は2つ。
大ベテランの暢久が全く精彩を欠いていたこと。それとスピラがイエロー2枚で退場してしまったことでしょう。

P3200010

それでもなんとか勝ちました。
メンバーがあれだけ代わっても結果が出せたことは、非常に評価すべきところだろうと思います。

これで札幌戦、どんなスタメンを組んでくるか非常に楽しみです。

| | コメント (0)

2012/03/20

結果は残した

あれだけスタメンを入れ替えたのを見たとき、この試合は引き分けで十分だと思いました。
ただ昨シーズンまではスタメンはっていた選手も多かったんですよね。
苦戦はしたけど、結果は残した。いい感じになっています。

明日、詳しくまとめます。

| | コメント (0)

春分の日

春分の日
いい天気です。


花粉症の人は大変そうです。

| | コメント (0)

2012/03/18

対柏戦:We are Diamonds.

浦和1-0柏
得点者
36分 デスポトビッチ
観衆 41069人

仕事の都合で、今回はキックオフギリギリにスタジアム入り。
スタジアムの外から聞こえてくるウォーリアーに、今シーズン始まったんだと思い210ゲートへ。

さて試合ですが、簡単に。
ランコが達也に代わって投入され、柏木のポジションが前目に行ったため直輝がOUT、ボランチに阿部、阿部の位置に永田、濱田を下げて坪井投入と、選手の入れ替えだけでも3人代えました。

前半は良かったと思います。
柏戦の戦い方は「相手の良さを消す」ことを徹底させたとのこと。
特にU-23代表の酒井を好き勝手にさせなかったのが良かったです。
そんなレッズが優勢気味の中、槙野や柏木が積極的に攻めているのが良くわかりました。特に槙野はいつぞやの闘莉王があがっていくのを思い出しました。(そしてそこをカバーする啓太の姿もありました、)
36分、相手のパスミスからボールを奪ったランコがゴールを決めて1-0、レッズが先制します。
P3170001

後半開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「俺達の声で、選手達を動かそう。そして俺達のホームで勝利しよう。(ランココールに続く)」。
後半は苦しくなりました。
やはり前半飛ばしすぎたのかな?柏の攻撃を最終ラインでなんとかクリアーとか、順大のパンチングでのセーブが連続など危ない部分が多々ありました。
後半アディッショナルタイム5分と表示されたときには長いと思いましたが、その5分をなんとかやり過ごしタイムアップ。

P3170004

試合終了後、「今日、選手達が“We are Diamonds.”を歌うとか言っているんだけど、俺達は普段どおりに歌えばいいから。選手達が俺達に合わせてもらおう。」と角田氏が言い、その後We are Diamonds.を選手がピッチ上で肩を組んでいる中、埼スタで久しぶりに歌いました。
その後「どうですか。こんな“We are Diamonds.”いいんじゃね。選手達に歌詞を覚えてもらって、みんなで一緒に歌いましょう。ただ、これっていっぱい歌わないと覚えてもらえないので、ホームでいっぱい勝って、歌ってもらいましょう。最終戦はみんなでいい歌を歌えるように、良いカタチを作りましょう。(ランココールに続く)」
「来週の札幌、行ける人が少ないとの情報なので、団結して行きましょう。昨年もホーム開幕で名古屋に勝っても、あんなカタチになっちゃったから、火曜日のナビスコ、土曜日の札幌、また頑張りましょう。お疲れさまでした。」と角田氏。

まだ発展途上ですが、光が見えた試合でした。
今回は昨シーズンのチャンピオンチームだから仕方がないのですが、レッズのサッカーをやって勝利したわけではありません。
特に攻撃において、相手を崩して得点したわけではないので、まだまだだと思います。まだ2節消化しただけ。前半戦のうちにみせて欲しいですね、浦和の攻撃パターンを。

| | コメント (0)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »