« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

2012/04/07

対鹿島戦:いい流れ

鹿島1-3浦和
得点者
2分 興梠
3分 マルシオ リシャルデス
5分 ポポ
25分 マルシオ リシャルデス

ゴール裏は「愛さずにはいられない」からWe are Reds!コールで始めていました。

今回じっくりTV観戦させていただきましたが、本当にいい流れにのっていると思います。

試合経過ですが、前半早々から試合が動きました。
前半2分、右からクロスを上げられ、興梠のヘッドを決められて失点。調子の悪い鹿島に早々に失点するなんて、と思っていた矢先。
前半3分、柏木からのパスをマルシオが決めて、1分で同点に。
前半5分、柏木から阿部、阿部がポポにパスを出して、ポポがゴールを決めて1-2で逆点します。
ここから20分までゲームがバタバタしていた感じがしました。
20分過ぎくらいから、最終ラインでボール回しをするようになって、落ち着いた感があります。
前半25分、マルシオがPA内かPA外か微妙なところで倒されてPKをGET。それをマルシオが決めて1-3、レッズが追加点を奪いました。
あとは危ない場面があるけど、レッズが優勢に進めた前半でした。

後半は鹿島ペースになってしまいました。
それは、今のレッズが行なっているサッカーは運動量がないと続かないサッカーです。運動量が後半になると完全に落ちますから。これが今後の課題になってくるかと思います。
そのためミシャ監督は、後半12分啓太OUT小島IN、22分マルシオOUT水輝IN、29分ポポOUT元気IN、とカードを切っていきました。
ファールやらオフサイドやらで救われた感じもありますが、鹿島ペースの後半を凌ぎきっての勝利です。
試合終了後、鹿島スタジアムにWe are Reds!コールが響き渡っていました。

この試合、TV観戦でじっくり見れたのでわかりましたが、守備のカタチにしかり、攻撃のカタチにしかり、選手に監督の指示が明確に伝わり、それがトレーニングによって練達し、そして試合に反映されているんでしょう。
いい流れに乗っていると思いました。

| | コメント (0)

2012/04/05

うわあー

やっとこ帰宅できそうです。

今日はいろいろあり過ぎました。少し疲れました。

| | コメント (0)

2012/04/04

ポジティブ

本日、ナビスコの磐田戦があったわけですが、TV中継を見られませんでした。
ただオフィシャルのミシャ監督のコメントを読むと、ポジティブな発言だったので、敗戦の中にも希望が持てるものでした。

動く画はGGR確認ですね。

| | コメント (0)

2012/04/03

足止め

あの低気圧のため、足止めされています。


今日中に帰宅できるかな?

| | コメント (0)

2012/04/02

出場停止

阿部・槙野両選手の出場停止処分は、水曜日のナビスコが対象らしいですね。
てっきり次節のリーグ戦が対象だと思っていました。
最近のルールは複雑すぎて良くわかりません。

| | コメント (0)

2012/04/01

対川崎戦:勝点1

浦和1-1川崎
得点者
10分 ポポ
59分 矢島
観衆 25,743人

GKがウォーミングアップで出てくる頃からでしょうか、朝から続いた強風に激しい雨が加わりました。
雨が降ってからは、非常に寒くなりました。これじゃー、お客さんも来場しないですよ。
P3310050
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏はトラメガを使わずに「そろそろ行こうか。あいつら黙らせようぜ。(途中良く聞こえず、浦和レッズコールに続く)」で試合開始。

試合内容については、テレ玉で生中継もあったので、簡単にしか触れません。

前半早々にポポがヘッドで先制。これで楽に試合展開できるかと思ったのですが、そんなことはなく、雨が降っていたからでしょうか、パスミスが多かったです。
それでも前半リードで折り返し。

後半14分、矢島にヘッドで決められて同点に。
ここから主審の家本マジックも加わってゲームはエキサイティングに。
後半29分、阿部が相手選手にバックチャージをしたために、2枚目のイエローで退場。
ミシャ監督はポポを下げて濱田を投入し、守りきる形に出ました。
後半35分、槙野もこの試合2枚目のイエローをもらって退場。
9対11となったレッズ、この後アディッショナルタイム含めて15分間、勝点1のために必死の守備を行いました。
この試合の見どころはここでしたね。全員の意識が統一されていて、絶対に勝点1を獲るというのが伝わってきました。ボールを蹴り出してクリアーとか、CKで時間稼ぎまくりとか、それこそがむしゃらに勝点1。

そして、そのままタイムアップ。
不恰好でも勝点1。

P3310053
試合終了後「評価できるよね。必死で獲った勝点1。だからこそ、次の試合、鹿島戦、非常に大切だと思うんだよね。今回以上に俺達の声で選手達を支えて、次につなげましょう。」このタイミングで選手が北側ゴール裏に挨拶。
「後半は選手が2人退場しちゃって、ゲームプランなんかメチャクチャになっちゃったけど、こういうときもあると思うんだよね。でも最後良かったのは、こういう状況でも(チームを支えることが)できるゴール裏になってきたってことだよね。この先、もっとできるゴール裏にしていきましょう。槙野も阿部もいない、次節の鹿島戦、そういう中でどういうゲームが出来るか、どういう戦いができるか、俺達が今日の試合を踏まえて闘っていきましょう。お疲れ様でした。」と角田氏。(途中聞こえない部分があったので、少し違うかもしれません。)

この勝点1が活かすためにも、次節の鹿島戦、非常に大切な1戦になります。
いい準備をして臨んで欲しいです。

| | コメント (0)

« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »