« 雨です。 | トップページ | 試合前のセレモニー »

2013/05/12

対鹿島戦:微妙な部分があっても

浦和3-1鹿島
得点者
63分 野沢 拓也
66分 那須 大亮
78分 興梠 慎三
89分 梅崎 司
観衆 46,649人
P5110018

試合開始前、好きにならずにいられないで入っていきました。
選手入場した後に、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。でかい声で行くぞ。We are REDS.(We are REDS.コールに続く」で試合開始となりました。

試合経過についてはBS-1やテレ玉で生放送があったので簡単に。

前半はボールキープはしているものの、得点機会は明らかに鹿島が上でした。
これだけ押されていたレッズを生で見たのも久しぶりです。それだけ鹿島がレッズの攻撃を上手くかわしてしたんでしょう。
後半18分、野沢にやられたときは、まずいと思いました。ここから逃げ切りが上手い鹿島が出てくると思ったいましたから。
ただそこからが違いました。
CKから那須が得点し、興梠のヘッドで逆転。そして梅崎がとどめのゴールと終わってみれば素晴らしい試合でした。しかし興梠が決めた得点はオフサイドだったのかな?副審が旗をあげなかったので、ゴールと思ってみていましたが。微妙な部分があってもゴールと判定されたのでOKでしょう。(逆の立場だったら分からないけど)

P5110026

試合終了後「お疲れ様でした。今日の試合は2対1。2対1で勝ちました。もっと上を目指して行きましょう。(途中良く聞こえず。)大宮が負けました。中断までの残り試合、鳥栖、柏、仙台に勝って中断期間に入りましょう。いっちょやりますか?(暢久チャント)みんな元気だな。来週も勝ちましょう。お疲れ様でした。(一部聞き違いがあるかもしれません。)」と角田氏。

やっぱり鹿島を倒すと気分が良いのは事実です。優勝回数最多のチームですから。
元気がブレイクスルーしそうな感じですね。この試合の3点目も元気のドリブルからシュートがきっかけですから。

ともかく皆様お疲れ様でした。

|

« 雨です。 | トップページ | 試合前のセレモニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/57363887

この記事へのトラックバック一覧です: 対鹿島戦:微妙な部分があっても:

« 雨です。 | トップページ | 試合前のセレモニー »