« あまり | トップページ | わかんない »

2013/07/01

ナビスコ準々決勝:対セレッソ戦

浦和1-1セレッソ大阪
得点者
6分 南野 拓実
34分 梅崎 司
観衆 22,743人

P6300011
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。なあ、後半しっかり闘って、必ず上にあがりましょう。(ララ浦和に続く。)」で試合開始となりました。

正直、試合はしょっぱい感じになってしまいました。
久々に長く感じた試合でした。
前半、梅崎のシュートくらいしか見せ場がなかったような感じです。その左サイドが上手く機能していなかった感じもありましたけど。それ以上に興梠の穴は大きく感じました。なんか前線でうまくボールがまとまらないし。元気に1topはきついのかな、というよりもマルシオもそんな感じでしたけどね。

後半は、そこそこよくなった感じもしますが、それでもセレッソの迫力不足に助けられた感も・・・。
まあ、最低限の成果を出して試合終了。

この試合、消化試合に感じてしまいました。これじゃー、お客さんは入らないような・・・。

P6300022
試合終了後、「ナビスコ、準決勝、川崎が勝ったみたいなので、勝っていこうとは思うんだけれども、次、国立、7月6日に甲府戦があるんですが、みんなでこんな風に2ステージ制反対の弾幕なんかを作って集りませんか。(途中聞こえず)個人、個人、もし準備できるんでしたら、こういう風に弾幕作って、国立試合後に出しましょうよ。(途中聞こえず)国立に、こういうものを持っていって、俺達の主張をしましょう。いいですか。自分達の声を、甲府に勝って、しっかり主張しましょう。2ステージ制反対。」と角田氏。

どこまでマスコミに取り上げてもらえるか、非常に重要ですね。なかなか取り上げてもらえないかもしれないけれど。

|

« あまり | トップページ | わかんない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/57699418

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ準々決勝:対セレッソ戦:

« あまり | トップページ | わかんない »