« これから | トップページ | 月曜日から »

2013/10/20

対鹿島戦:勝点3

鹿島1-2浦和
得点者
20分 那須 大亮
71分 原口 元気
87分 大迫 勇也

この試合、ゴール裏は赤く染まっていました。
いつも黒いTシャツを着ている方々がレプリカを着ているのをTV画面を通してみていると、それだけ大事なゲームなんだと感じました。
そして、そのゲームを勝ったこと、リーグ戦・ナビスコでは良い波が続いていると感じさせるゲームでした。

ゲーム内容ですが、レッズが優位に進めていた前半に得点できたのが大きいです。それも興梠ではなく、那須がCKからヘディングで決めましたが、TVではゴールしたかどうか、最初よく分からなかったです。
このゲーム良かったのは守備。全体的にまとまっていて、よく抑えていたと思います。やっぱり阿部と啓太のダブルボランチは良いです。それとダビと森脇の小競り合いが目立っていました。外国人助っ人にイライラさせる作戦が効が奏したのか、後半15分には退場になりましたから。(しかし森脇もイエローをもらって、次節出場停止ですが)
その後に決まった原口のゴールは圧巻でした。ドリブルからのカットインして行ってからのシュート。最近、これが上手く行っていない感じだったので、決まって良かったです。
大迫のゴールは、槙野のクリアーミスから来ているので、改善の余地大有りです。

後半アディショナルタイム、We are Reds!コール、その後の“Pride of URAWA”の声量は間違いなくインファイトを圧倒していました。

TV観戦ではなく、生で見たかった試合です。それだけ良い試合をしたと思います。
次節、興梠と森脇がサスペンションなので、少し不安が残ります。

選手、スタッフの皆様、そしてバスツアーなどでスタジアムに行かれた皆様、お疲れさまでした。

|

« これから | トップページ | 月曜日から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これから | トップページ | 月曜日から »