« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »

2013/05/18

過去20年のベスト11

まあそうそうたるメンバーが入ったわけですが、GKとDFがマリノスに縁もゆかりもある人たちになっていたのは意外でした。
あと中田ヒデが入っていたのは驚き。Jの選手と言うよりも・・・。
それ以外は妥当だと思います。

| | コメント (0)

2013/05/16

ベッカム引退

元イングランド代表のデビッド・ベッカムが引退だそうです。
まあ、年齢的にも38歳。引き際なのでしょうね。
ベッカムの印象に残っているのは、マンチェスター・ユナイテッド時代が一番かな。バイエルンとのCL決勝での逆転劇とか。
今後はどうするのかな?

| | コメント (0)

2013/05/15

チャンピオンシップやるの?

なんだかJ1で2ステージ制を再導入するみたいです。
というかそんな協議をし始めたようです。
1シーズン制の方が個人的にはいいと思います。基本Home&Awayの総当りでやるべきだと。
でも興行的には2ステージ制のほうが良いのかな?

| | コメント (0)

誤審認める

この前の鹿島戦での興梠が決めたゴールは誤審だったとJFAが認めたそうです。
日刊スポーツ『JFA11日浦和-鹿島戦の誤審認める』の記事。
これはさもありなん、と言う話です。
ただ気になったのが、『問題なのは、すぐ得点のVTRがスタジアムで流れたこと。Jリーグには、微妙な判定のときは、混乱を招く可能性があるので、VTRの自粛をあらためて要請した。』という上川委員長の言葉です。
逆に、微妙な判定時はスタジアムで流れないイコールジャッジミスということを明らかにしちゃうんじゃないのかな?

| | コメント (0)

2013/05/13

試合前のセレモニー

P5110017
アルシンドは相変わらずの頭でした。
そして、ポンテが来たのは嬉しかったです。
久々にポンテのチャントが歌えたのが良かったです。槙野のバースデーソングを歌ったよりも(笑)。

P5110015
Jリーグが開幕して20年。
非常に短く感じている自分がいます。
ただあの頃はワールドカップ本大会に出ることが目標でしたが、今では本大会でどのように勝つのかが命題になっているという日本サッカーの進化を見ています。
それとオリジナル10からチーム数がJ1とJ2合わせて40チームになったのを見るとサッカーがこの国に浸透してきているような気がしてきました。
今後も浦和レッズを通してですが、日本のサッカー文化に寄与したいと思います。
P5110016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/12

対鹿島戦:微妙な部分があっても

浦和3-1鹿島
得点者
63分 野沢 拓也
66分 那須 大亮
78分 興梠 慎三
89分 梅崎 司
観衆 46,649人
P5110018

試合開始前、好きにならずにいられないで入っていきました。
選手入場した後に、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。でかい声で行くぞ。We are REDS.(We are REDS.コールに続く」で試合開始となりました。

試合経過についてはBS-1やテレ玉で生放送があったので簡単に。

前半はボールキープはしているものの、得点機会は明らかに鹿島が上でした。
これだけ押されていたレッズを生で見たのも久しぶりです。それだけ鹿島がレッズの攻撃を上手くかわしてしたんでしょう。
後半18分、野沢にやられたときは、まずいと思いました。ここから逃げ切りが上手い鹿島が出てくると思ったいましたから。
ただそこからが違いました。
CKから那須が得点し、興梠のヘッドで逆転。そして梅崎がとどめのゴールと終わってみれば素晴らしい試合でした。しかし興梠が決めた得点はオフサイドだったのかな?副審が旗をあげなかったので、ゴールと思ってみていましたが。微妙な部分があってもゴールと判定されたのでOKでしょう。(逆の立場だったら分からないけど)

P5110026

試合終了後「お疲れ様でした。今日の試合は2対1。2対1で勝ちました。もっと上を目指して行きましょう。(途中良く聞こえず。)大宮が負けました。中断までの残り試合、鳥栖、柏、仙台に勝って中断期間に入りましょう。いっちょやりますか?(暢久チャント)みんな元気だな。来週も勝ちましょう。お疲れ様でした。(一部聞き違いがあるかもしれません。)」と角田氏。

やっぱり鹿島を倒すと気分が良いのは事実です。優勝回数最多のチームですから。
元気がブレイクスルーしそうな感じですね。この試合の3点目も元気のドリブルからシュートがきっかけですから。

ともかく皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »