« いらない | トップページ | 映画『エージェント:ライアン』 »

2014/03/09

対鳥栖戦:ゴールが遠い試合

浦和0-1鳥栖
得点者
9分 豊田
観衆 42,850人

P3080086
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。デケー声で今シーズンも主役で行こうぜ、俺たち浦和レッズ。腹の底からでかい声で、今日も行こうぜ。(アレアレア浦和に続く)」で試合開始。

試合ですが、簡単に振り返ります。
前半9分に、右サイドのミスからボールを奪われて、つまらない失点をしてしまいます。
その後はレッズの怒涛の反撃となります。
シュート数は前半8本、後半は9本、最終的なボール支配率に至っては63%と攻めも攻めたりという展開になりました。
ただゴールが遠い。というよりも、その内のシュート数のうち、遠目からのミドルも多かったです。ということは、相手が守備を固めてきたから、その守備を崩すために打ってみました、というところなんでしょう。
しかし、鳥栖の守備は崩れなかったです。
現に得点が取れていませんからね、レッズは。それとシュート数1位が槙野ってどういうことなんですかね・・・。
P3080087_2
なんとも不完全燃焼だった試合です。
この試合、濱田がフル出場したのは驚きでした。これからもスタメンで出場できるように精進して欲しいです。


ちなみにホーム開幕で負けたのは、2008年シーズン、あのオジェック監督を解任した名古屋戦以来です。


|

« いらない | トップページ | 映画『エージェント:ライアン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/59261767

この記事へのトラックバック一覧です: 対鳥栖戦:ゴールが遠い試合:

« いらない | トップページ | 映画『エージェント:ライアン』 »