« 失敗 | トップページ | メインの通路にあった掲示 »

2014/04/08

対仙台戦:サポート体制

浦和4-0仙台
得点者
40分 李 忠成
66分 李 忠成
71分 宇賀神
80分 啓太
観衆 26,762人

P4060105
この試合内容については、各所で語られているので、今回は省略します。

今回書きたいのは、浦和レッズのゴール裏でのサポートの仕方についてです。
浦和ボーイズをはじめとするサポートチームが解散してから、初めてゴール裏にてサポートしました。
ゴール裏の209ゲート付近、ゴール裏の真裏、210ゲート付近の3箇所くらいでしょうか、コールの中心になったのは。これがバラバラのチャントをやったりしました。特に前半11分くらいにアイーダと大脱走が混在していましたから。この後、コールはズレまくるし、違うチャントはやるからまとまりも何もあったものではありません。
今は過渡期でそのうちまとまる、と言う意見もあるでしょけど、これが果たして選手を後押しするサポートになっているのか、というと甚だ疑問です。
みんなが同じ方向を向いてサポートするからこそ、後押しが出来るのかと思います。
P4060114
自分の勝手な意見ですが、クラブ側から拡声器及び太鼓などのリーディングするための道具の使用が認められたら、コールリーダーを中心としたサポート体制をとって欲しいと思います。
コールリーダーが出来る方は、サッカーが、というよりも浦和レッズが好きで、カリスマ的な魅力がある方ではないと勤まらないと思うので大変でしょうけど、出てきて欲しいです。

今後、サポート体制が良い方向でまとまっていって欲しいです。


|

« 失敗 | トップページ | メインの通路にあった掲示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 失敗 | トップページ | メインの通路にあった掲示 »