« 埼玉スタジアムの風景 | トップページ | 映画『LIFE!』 »

2014/04/12

対名古屋戦:悪いジンクスぶっ飛ばし

名古屋1-2浦和
得点者
10分 永井
64分 原口元気
90+5分 那須大亮

スカパーにて観戦。
ゴール裏はカモン浦和レッズでスタートしていました。

さて試合。
10分に永井に決められたというよりも、GK西川と柏木・森脇の連携ミスから失点してしまいました。
ここから浦和の怒涛の攻めが始まりますが、33分に興梠が大チャンスを決められず、44分には元気のゴールかと思ったのですが槙野のハンドでノーゴール。
これだけ攻めてもゴールが取れないと勝てない気がしてきましたが、この試合は違いました。

64分、元気が左から切れ込んで、ぶち込みました。これで同点に。
81分、名古屋の永井が2枚目のイエローで退場し、浦和の数的優位に。ただ浦和の数的優位は不利な試合になるのが定石でした。その空気が流れ始めた後半アディショナルタイムのCK。梅崎からのCK、クリアボールを那須がグランダーのシュートでゴールを決めて逆転しました。正直、誰が決めたかよく分からなかったゴールでした。

なんか悪いジンクスをぶっ飛ばした試合でした。
チーム状況が良くなってきた感じです。

|

« 埼玉スタジアムの風景 | トップページ | 映画『LIFE!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉スタジアムの風景 | トップページ | 映画『LIFE!』 »