« 暑さのためか | トップページ | バナナ事件 »

2014/08/23

対FC東京戦:引き分け

東京4-4浦和
得点者
06分 梅崎 司
09分 高橋秀人
15分 武藤嘉紀
23分 河野広貴
43分 興梠慎三
60分 平川忠亮
64分 武藤嘉紀
80分 李 忠成

ゴール裏は浦和レッズコールからスタートしていました。

さて試合ですが、6分に梅崎が見事なトラップ&シュートで先制し、雄叫びを聞いたときには「これはいいぞ」と思ったんですが、そう簡単には行きませんでした。
9分にCKから失点し、15分には平山からをパスを武藤が1対1をしっかり決めて逆転され、なおかつ23分に森脇がPA内で反則を犯してPK献上。この時間帯レッズのDF陣は落ち着きがなく混乱していました。ここでゲームが壊れなくて良かったです。
43分に興梠がPKをGETし、それを興梠自身が決めて3-2として後半へとなりました。
後半はレッズが押し気味にゲームを進めていました。そんな後半15分、レッズが波状攻撃を見せて、最後は平川がゴールを決めて同点にします。このまま勝ち越せればよかったのですが、そうもいかずに後半19分、武藤に見事なゴールを決められて、再度リードを許してしまいました。
ただそこで終わらなかったレッズ、後半35分、宇賀神に代わって入った李のファーストタッチにおいてPKをGET。これを李自身が決めて4-4の同点にします。このあと両チームにチャンスはあったのですが、決められずにタイムアップ。

この試合、2回も良く追いついたと思ったのが正直な感想です。
負けなくて良かった。それだけ勝つ姿勢が見えたのは嬉しかったです。
これでますます混戦になってしまったJ1リーグ。最後まで勝ち抜いて欲しいです。

|

« 暑さのためか | トップページ | バナナ事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さのためか | トップページ | バナナ事件 »