« 対柏レイソル戦:首位キープ | トップページ | 対新潟戦:苦しい戦いでも »

2014/09/22

レッズシート観戦で思ったこと

今回の柏戦、埼スタではじめてのバックロアー、いわゆるレッズシートでの観戦でした。
P1030012


そのレッズシートで見た感想をつらつらと書きたいと思います。

まず、レッズシートにいる方は、家族連れか年配者(50歳以上)の方が多い。ゴール裏もそうですが、指定席も高齢化が進んでいると思いました。
そのレッズシートからゴール裏を見てみると、コールが早くなっているのが良く分かりました。特にアイーダとか大脱走は一部輪唱になっていることもありました。これは今シーズン、コールリーダー及び太鼓がない状態では改善不可能でしょう。こういう感じになってスタジアムに熱気というかまとまりと言うか、一体感がなくなっているからでしょうか、空席が目立ちました。
P1030037


バックロアーの人達は帰宅するのが早い。早い人は直輝が交代で入ったときに階段をあがっていきました。そしてWe are Diamonds.を歌う前に半数以上が席を離れていました。

同じレッズ戦なのに、ゴール裏とは違う側面を体験した、柏戦でした。

|

« 対柏レイソル戦:首位キープ | トップページ | 対新潟戦:苦しい戦いでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対柏レイソル戦:首位キープ | トップページ | 対新潟戦:苦しい戦いでも »