« 明日の鹿島戦 | トップページ | 興梠、離脱 »

2014/10/26

対鹿島戦:面白いゲームにしてしまった

鹿島1-1浦和
得点者
39分 カイオ
63分 李 忠成

スカパーにてTV観戦でした。流石に日曜日のナイトゲームAWAYはなしですよ。
ゴール裏はウォリアーからアイーダ、その後の“We are REDS!”コールでスタートしました。

さて試合ですが、BSでもやっていたので簡単に。
先発を3人変えてくるとは思いませんでした。李からマルシオ、啓太から青木、平川から関根に変更とは、イヤイヤこれはミシャ監督采配には驚きました。

前半4分、興梠がPA内で倒されてPKをGET。しかし、これをマルシオが止められてPK失敗。これがこのゲームを非常に面白いものにしてしまいました。そもそも試合感に疑問があるマルシオがPKのキッカーって・・・。
レッズは前半からボールを支配し、ゲームを優位に進めていましたが、徐々に徐々に鹿島ペースに。そんな鹿島ペースになっていた前半39分、カイオがミドルシュートを綺麗に決めました。ただこのときマークについていた関根がもう少しつめていれば、結果は違ったものだったと思います。(ルーキーに多くを期待しすぎてもキツイだけかもしれませんが)

前半を見ていると攻撃のときにチャレンジしない関根と、空回りしていたマルシオを後半スタートから代えるかと思いましたが、ミシャ監督はそのままスタートさせました。
それでも後半10分に関根から関口、後半14分にマルシオから李に交代となりました。
そうしたら、攻撃がはまるようになりました。
そんな後半18分、阿部がシュートしたのをGK曽ヶ端が弾いたボールを李が押し込み1-1の同点にします。
その後は鹿島の方がチャンスは多かったかな・・・。それでも足を痛めた興梠を下げて啓太を投入(仕方なしの交代かな)で、レッズがなんとか同点で試合を終わらせた試合でした。

まあ、これで鹿島は優勝争いから後退しましたが、引き分けで終わらすことになってしまった浦和、という感じです。
残り4節、苦しい状況は変わりませんが、しっかり勝ちに行きましょう。

|

« 明日の鹿島戦 | トップページ | 興梠、離脱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日の鹿島戦 | トップページ | 興梠、離脱 »