« 残念です | トップページ | つたなさと勝負弱さと運の無さと »

2014/11/30

対サガン鳥栖戦:負けに等しい引き分け

鳥栖1-1浦和
得点者
69分 阿部勇樹
90+4分 小林
観衆 19,235人

この試合、ウォーミングアップ前から新しいチャントをお披露目していました。
ただ歌詞の一部がよくわかりませんでした。
Pb290011

さて試合ですが、全部振り返るのはやめます。というか、まだ冷静に振り返られないので。

現地で見ていた感想だけを書きます。
思ったことが3つありました。
まず1つ目は、PKだけの得点で勝てると思った自分はかなりのお馬鹿さんだということです。
人数的にも優位、後半もアディショナルタイム、ラストプレイに近いCKのピンチ。なんとか凌げると思っちゃいましたもの。ただ世の中、そんなに甘くはないんですね・・・。PK得点後もマルシオがチャンスを作っていたときに得点できるときにとらないとダメだ、という典型的な試合です。
2つ目に、レッズは鹿島のように巧く試合を終わらせることが苦手なんだという再確認をさせられたこと。
鹿島ならたぶん、巧くゲームを終わらせることができたんだろうな、って感じます。

Pb290017

そして3つ目。
サッカーって劇的なゲームってあるんですね。
こんなゲーム、生でみられるなんてなかなかないです。それも優勝がかかっている試合でなんて。あの1993年10月28日くらいの衝撃でした。
だから面白いのかもしれないですね、って少し冷静になった振りをしたいです。


試合終了後、選手たちが挨拶に来ましたが、その中でも柏木が落ち込んでいるのが非常に気になりました。
まだ1試合、残っています。
人事を尽くして天命を待ちましょう。

|

« 残念です | トップページ | つたなさと勝負弱さと運の無さと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残念です | トップページ | つたなさと勝負弱さと運の無さと »