« 対サガン鳥栖戦:負けに等しい引き分け | トップページ | 最近思っていること »

2014/12/01

つたなさと勝負弱さと運の無さと

今日12月1日のエルゴラに掲載されていた浦和のコラムには、鳥栖戦の敗戦、ではなくドローになった結果を、「つたなさ」と「勝負弱さ」という二言で表していました。全くの同意見ではあります。
ただ、そこにあえて1つ付け加えたいことがあります。それは「運の無さ」なのかな、と。
今回のカードの巡り会わせとか、次節の対戦相手とか、そんなこんなをひっくるめて、運が無いのかな、と思いました。

まあ、1シーズン制が最後となるシーズンにおいて、こんなドラマティックな展開になったのは、皮肉もありますが、良いことだと思います。

|

« 対サガン鳥栖戦:負けに等しい引き分け | トップページ | 最近思っていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対サガン鳥栖戦:負けに等しい引き分け | トップページ | 最近思っていること »