« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2014/03/15

対広島戦:相性の良さ

広島0-2浦和
得点者
42分 興梠
90+1分 元気

スカパーにて観戦でした。
この試合、浦和のゴール裏から横断幕、ゲートフラッグ、旗がなくなっていました。
そんなゴール裏からは浦和レッズコールからの大脱走でスタートしていました。

さて試合ですが、お互いに様子見をしているのか、五分五分といった感じでしょうか。
GKの西川がかなり前に出て守備をするのと、ミシャ監督が「ゲンキ、ゲンキ」と叫んでいるのが、印象に残って前半が終わるかと思っていました。
そんな中の前半42分、CKからの流れの中、平川からのクロスを興梠がヘディングで決めてレッズが先制し、前半を終了します。

後半早々、広島がペースを上げて攻撃してきたので、やばいかな、と思いましたが、何とか乗り切ったあとは、前目に来ていた広島のスペースを突いて、レッズが攻撃を上手く仕掛けられていました。
特に元気のドリブルが目立ちました。やっぱりスペースがあると、元気のドリブルは生きますね。
ただこの試合、カードをもらいすぎた感があります。啓太のイエローは仕方なしにしても、森脇、柏木、元気のカードはチョット貰い過ぎかも。広島は0ですから。
後半ロスタイム、パスを受けた元気が左から切れ込んで、ゴールを決めて、0-2。これで勝負ありとなりました。
このとき、坪井と交代してさがっていた森脇がゴール裏に一緒に駆け寄って、イエローを貰って、退場していました。このとき思ったのは、森脇はバカですか・・・。

広島と相性が良いのが良く分かった試合でした。
いろいろと因縁とか、ピッチ外のトラブルで難しくなった試合を勝ってくれたことに感謝しています。

| | コメント (0)

ピッチ外の出来事で

ピッチ外の出来事で、選手に要らぬ負担をかけてしまっていることに、非常に申し訳なく思っています。

それでも広島戦は勝ってほしいと心から思っています。
このままズルズル行ってしまうのはまずいですから。

| | コメント (0)

2014/03/14

無観客試合決定

今回の事件における処分について思ったことがあります。

清水エスパルスサポーターの中で、3月23日に埼玉スタジアムに遠征を考えていた方々に謝罪したいです。
申し訳ございません。静岡から埼玉までの遠征は、そんなに近い距離ではないので、時間とお金を融通しているはずなので、本当に申し訳ございません。

クラブの対応が遅れてしまった、ということが問題になっています、確かに問題でしょう。
それ以上に、このような差別や政治問題化させてしまう、誤解を招きかねない横断幕を掲げ、クラブから撤去要請があったのに撤去しなかった人が問題だと思います。
ただオフィシャルHPを見る限りでは、どのような意図で“JAPANESE ONLY”を掲げたのが明確になっていないのが残念です。(明確に出来ない理由があったと推測は出来ますが・・・。)
問題が多いクラブというよりも、問題が多いサポです。自分もその中の1人です。
もし自分があの横断幕を見ても、差別や政治問題化の対象になるとは想像できなかったと思います。思慮が足りないと思います。仮にそこまで想像できても、注意することができたか、と自問したら、できなかったと思います。
自分自身、注意できないってことは気持ちで負けているんでしょうね。
処分は決まってしまったので、それに従うだけです。

考えがまとまらないまま、思いつくまま書いてしまいました。
スカパーなどの試合中継はあるのかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/12

不安

無観客試合、勝ち点剥奪・・・。
不安だけがつのります。

すべてのことが判明したら、書きたいと思います。

| | コメント (0)

2014/03/11

あれから3年

あの震災から3年。
時間が経つのは早いです。
昨年、被災地である石巻市に言って思ったのは、「復興」ってどこがゴールなのかな、と。
瓦礫を片付けて道路整備をすれば復興なのか、それとも以前と変わらず町として生活していけるまでが復興なのか、よく分からなくなりました。
自分には何が出来るのか、よく分からないまま、3年が過ぎました。

| | コメント (0)

2014/03/10

映画『エージェント:ライアン』

見てきました、ジャック・ライアン。
今回のライアン役であるクリス・パインは格好良いと思いました。
CIAのエージェントってああいう仕事なんですかね。
まあ、実際エージェントがどんな仕事は教えてくれないだろうけど。
トム・クランシー原作だから、外しはないです。面白かったです。

| | コメント (0)

2014/03/09

対鳥栖戦:ゴールが遠い試合

浦和0-1鳥栖
得点者
9分 豊田
観衆 42,850人

P3080086
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。デケー声で今シーズンも主役で行こうぜ、俺たち浦和レッズ。腹の底からでかい声で、今日も行こうぜ。(アレアレア浦和に続く)」で試合開始。

試合ですが、簡単に振り返ります。
前半9分に、右サイドのミスからボールを奪われて、つまらない失点をしてしまいます。
その後はレッズの怒涛の反撃となります。
シュート数は前半8本、後半は9本、最終的なボール支配率に至っては63%と攻めも攻めたりという展開になりました。
ただゴールが遠い。というよりも、その内のシュート数のうち、遠目からのミドルも多かったです。ということは、相手が守備を固めてきたから、その守備を崩すために打ってみました、というところなんでしょう。
しかし、鳥栖の守備は崩れなかったです。
現に得点が取れていませんからね、レッズは。それとシュート数1位が槙野ってどういうことなんですかね・・・。
P3080087_2
なんとも不完全燃焼だった試合です。
この試合、濱田がフル出場したのは驚きでした。これからもスタメンで出場できるように精進して欲しいです。


ちなみにホーム開幕で負けたのは、2008年シーズン、あのオジェック監督を解任した名古屋戦以来です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »