« 2014年3月30日 - 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月13日 - 2014年4月19日 »

2014/04/12

対名古屋戦:悪いジンクスぶっ飛ばし

名古屋1-2浦和
得点者
10分 永井
64分 原口元気
90+5分 那須大亮

スカパーにて観戦。
ゴール裏はカモン浦和レッズでスタートしていました。

さて試合。
10分に永井に決められたというよりも、GK西川と柏木・森脇の連携ミスから失点してしまいました。
ここから浦和の怒涛の攻めが始まりますが、33分に興梠が大チャンスを決められず、44分には元気のゴールかと思ったのですが槙野のハンドでノーゴール。
これだけ攻めてもゴールが取れないと勝てない気がしてきましたが、この試合は違いました。

64分、元気が左から切れ込んで、ぶち込みました。これで同点に。
81分、名古屋の永井が2枚目のイエローで退場し、浦和の数的優位に。ただ浦和の数的優位は不利な試合になるのが定石でした。その空気が流れ始めた後半アディショナルタイムのCK。梅崎からのCK、クリアボールを那須がグランダーのシュートでゴールを決めて逆転しました。正直、誰が決めたかよく分からなかったゴールでした。

なんか悪いジンクスをぶっ飛ばした試合でした。
チーム状況が良くなってきた感じです。

| | コメント (0)

2014/04/10

埼玉スタジアムの風景

いつもあったものがない埼玉スタジアムの風景を載せておきます。
P4060095


メインスタンド、特にワンダーシートのところにあったフラッグの装飾はありません。
当然のことながら、メインアッパーの一番上にある“THE PRIDE OF URAWA”の横断幕もなし。

P4060094


北側のゴール裏もさいしんと三菱自動車の看板だけが横断幕って感じです。

| | コメント (0)

2014/04/09

メインの通路にあった掲示

P4060097
メインの通路でこの掲示を見ました。
ここまで事態は切迫しているんですよね。
浦和レッズの社長になって、最初の2ヶ月くらいでこんな面倒な仕事をさせてしまっていることに、非常に申し訳なく思っております。


| | コメント (0)

2014/04/08

対仙台戦:サポート体制

浦和4-0仙台
得点者
40分 李 忠成
66分 李 忠成
71分 宇賀神
80分 啓太
観衆 26,762人

P4060105
この試合内容については、各所で語られているので、今回は省略します。

今回書きたいのは、浦和レッズのゴール裏でのサポートの仕方についてです。
浦和ボーイズをはじめとするサポートチームが解散してから、初めてゴール裏にてサポートしました。
ゴール裏の209ゲート付近、ゴール裏の真裏、210ゲート付近の3箇所くらいでしょうか、コールの中心になったのは。これがバラバラのチャントをやったりしました。特に前半11分くらいにアイーダと大脱走が混在していましたから。この後、コールはズレまくるし、違うチャントはやるからまとまりも何もあったものではありません。
今は過渡期でそのうちまとまる、と言う意見もあるでしょけど、これが果たして選手を後押しするサポートになっているのか、というと甚だ疑問です。
みんなが同じ方向を向いてサポートするからこそ、後押しが出来るのかと思います。
P4060114
自分の勝手な意見ですが、クラブ側から拡声器及び太鼓などのリーディングするための道具の使用が認められたら、コールリーダーを中心としたサポート体制をとって欲しいと思います。
コールリーダーが出来る方は、サッカーが、というよりも浦和レッズが好きで、カリスマ的な魅力がある方ではないと勤まらないと思うので大変でしょうけど、出てきて欲しいです。

今後、サポート体制が良い方向でまとまっていって欲しいです。


| | コメント (0)

2014/04/07

失敗

今日は早めに帰宅する予定でしたが、ちょっとした用事が出来てしまい、昨日の試合結果について書くことが出来そうもないです。
改めて、近日中にまとめます。

| | コメント (0)

2014/04/06

試合内容は

試合内容は愉快なものでした。
もう少し得点できたかと思います。
ゴール裏、メイン寄りやらバック寄り、はたまた中心部からコールやチャントがおきたのは良かったとは思いますが、まとまりがなかったのも事実です。
近日中に詳細をまとめます。

| | コメント (0)

風が強い

風が強い
風が強く吹いています。


これで桜も終わりかな。

| | コメント (0)

« 2014年3月30日 - 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月13日 - 2014年4月19日 »