« ファイナル | トップページ | シード権獲得できず »

2016/01/02

天皇杯決勝対ガンバ大阪戦:準優勝

浦和1-2G大阪
得点者
32分 パトリック
36分 興梠慎三
53分 パトリック
観衆 43,809人
P1010022
朝、地元の駅を始発で出発し、現地の飛田給に7時に到着。
その時点で、ゴール裏のロアーは諦めて、ゴール裏のアッパー席でやることを決めました。
決勝だとやっぱり人が多いです。

個人的な感想として、この試合のポイントは3つ。

1つ目は柏木が出場できなかったこと。
攻撃がサイド攻撃が多くなってしまったし、プレスキッカーが不在になってしまったこと。レッズのCKって今シーズンは柏木がメインで蹴っていたわけで。
ここにもレギュラー固定のマイナスポイントが出た感じです。

2つ目は、槙野が前半早々にケガしたこと。
パトリックとの接触プレイによって20針も縫うほどの右手にケガをしたとのことですが、現地ではそんな風には感じなかったほど槙野は良く動いていました。それだけに後半8分のガンバ側CKにおいて、パトリックにマークを外されたプレイは悔やまれます。

3つ目は関根を投入するタイミング。
出場させるなら、いっそのこと後半開始時の方が良かったと思います。ただこればかりは選手の動きが落ちる後半20分過ぎの方が良い、というのは理解できるので、結果論でしかないんですが。

1と2はどうしようもない部分かと思いますが、3の選手交代に関しては改善の余地が十二分にあるかと思われます。
ただ選手交代に関しては、良くなってきているような気もします。
P1010031
今シーズンも国内3大タイトルを獲ることができませんでした、
ミシャの限界と言ってしまえば簡単ですが、ミシャ体制が続く2016年シーズンにはこの限界を突破してもらわないと困ります、というか呆れているのに更に上乗せするか、という感じです。

選手・スタッフの皆様には、短いオフでリフレッシュしていただき、新たなるシーズンに臨んでほしいです。

|

« ファイナル | トップページ | シード権獲得できず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファイナル | トップページ | シード権獲得できず »