« いろんなところで | トップページ | 日刊スポーツのコラム »

2016/04/02

対甲府戦:最後が・・・

浦和2-1甲府
得点者
68分 興梠慎三
81分 森脇良太
90+2分 稲垣 祥

この試合、残念ながらの金曜日の試合でした。
そのためスカパーで結果を知ってからのTV観戦でした。

印象に残ったことだけ書き留めます。

甲府がかなり守備固めをしてきたのを遠藤のパスから崩して興梠がゴールを奪ったのが良かったです。
最後、甲府DFが興梠に体を預けてこようとしても倒れずプレイしたところも印象に残りました。また森脇のミドルも良かったです。あのシュート、ドライブもしっかりかかっていたのには驚きです。そしてヒーローインタビューの受け答えもお約束以上に磨きがかかっていました。
その森脇のインタビューでも言っていたように、最後の失点はいただけないですね。解説の福田氏も指摘したように、ゲームの趨勢が決まってからの気のゆるみからきた失点。今後、このようなことがないようにしてほしいです。

あともう一つ印象に残ったのは、槙野と一緒にピッチに入ったエスコートキッズの髪型です。かなりの荒れ具合でした。

|

« いろんなところで | トップページ | 日刊スポーツのコラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろんなところで | トップページ | 日刊スポーツのコラム »